2008年2月26日 (火)

会えたらいいね・・(191) スポーツクラブ

001 スポーツクラブへ通い始めて 3ヶ月経った。
・・・・というと 「ダイエット?」 と直ぐに思われるが そんな浮いた話ではなく リハビリ目的なので 情けない話。

昨年11月に 「JOIFIT新所沢」がオープンし  自己流でやっているリハビリだけでは 一向に進歩しないので マシーンに頼ろうと腰をあげた。

ステロイドを使用しているので 骨粗しょうの予防薬を一年も前から処方していただいているのに 全く効果なく骨粗しょう症に突入してしまった。
転倒→骨折→入院→惚け のコースを辿るのは目に見えている。 
変形している関節を支える為には 退化した筋肉を強化しなくてはならないので 面白くないけれど 黙々と地道な努力するしかない。

子供より若いインストラクターに煽てられたり 出席でポイントがつきプレゼント(大したものではないが)もらえるので とりあえず通っているうちに だいぶ慣れてきた。

どうやら少 し貯筋Photoできたようで リハビリ医にほめられた。

セラバンド赤色(強度2)手は痛みがあって まだマシンは使えないので 担当医お薦めの セラバンド(スポーツ用具)・ ハンドエクササイザー(介護用品)を使って 朝晩頑張っているが かなり握力がついてきたようで 早く年齢相応の力まで行きたいと思っている。 

セラバンドもハンド・・も 色で強度が違っていて 健康な方でも鍛え方によっては 毎日の積み重ねで 美しいスタイル間違いなし。 
如何ですか? 

週2回を目標に通っているけれど 寒い時期は家でストーブつけてテレビを見ている事を考えたら 電気代節約のうえ かなりお得 「オープン価格 友人とペアで一人3980円」で(宣伝料は頂いていません) 飲み物と本でも持っていけば マッサージ機もあるのでリラックス出来る。 

ただひとつ悩みは お腹が空くので食欲が出て せっかく使ったカロリー以上に食べてしまい 体重が増えつつあること。 

インストラクターが言うには 「脂肪より筋肉のほうが重いので その所為ではないですか ・・・・?」 とのことでした。

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

会えたらいいね・・(189) 東京マラソン

今日は東京マラソン。

去年の第一回大会の時は 何も空気の悪い東京のど真ん中で 交通規制をしてまでも行う必要が有るのかと 石原都知事の強引さに腹がたったが テレビで見ていると やっぱり引きずられてしまって イベントとして見ればそれなりに面白いので 今日もまた見てしまった。

風子は 子供の頃は身体が弱く 長期欠席で留年するところを 先生の配慮で免れたが スポーツは縁のないものと諦めて 自分では運動音痴と決めていた。

それが 急にスポーツに目覚めたのは35歳の頃。
バドミントンの試合を見て すっかり魅せられてしまったのだ。
銭谷欽治 栂野尾夫妻 西山 長谷川 土田、 女性郡は 徳田 米倉 北田 忘れてならないのは 湯木博恵(現 新沼謙二夫人)。

元来 運動不足で 両足アキレス腱断裂の手術の過去のあるものが サッカのフォワードに匹敵するというバドミントンなど 出来るはずはない。
まず 市主催の軽体操に週2回通うことから始めた。
そして 走ること。
野球場の土手を11周すると5kmになるので 一ヶ月で42.195km以上を目標に雨でも走った。
そして 一年後 やっとデビュー。

とにかく楽しかった。 週3回の練習はきつかったが アルバイトをやりくりして時間を作り ママさんバトミントンの試合に出まくった。 
思いのほか良い線で上達して あちこちの試合に出かけては 「出ると負け」が多かったが スポーツが駄目なのは当たり前なので めげる事はなかった。 
10年余り続けたが 当地に来てからはプレイする場所も見つからず辞めたけれど
 スポーツの楽しさを知ってからは ぼちぼち何かに 参加してきた。
Img114
団体競技は苦手なので マイペースのスポーツになってしまうが 13年ほど前 『かち歩き』 に参加した。
新宿中央公園から 青梅体育館まで43kmを 飲まず食わずで歩く。
お財布も 途中で買い食いできないように 紙袋に入れ封印されてしまうのだ。
へとへとになって河辺の体育館に着いて 配られたカルピスとパンの美味しかったことが今でも忘れられない。
3000人近く参加したが 完走者は1900人弱で(10時間過ぎると切られてしまう) 風子 は 956位 8時間4分だった。
Img116                                                      何も記録のない風子にとっては ひとつのモニュメントとなっている。

Img119_3自信がないので 人と競うことは苦手だが マイペースで楽しめるスポーツは大好きになった。 
今は 体調の都合で無理だが 歩く事が楽になってきているので 何が出来るかな・・? と楽しみにしている。  

東京マラソンもやっと終わった。  
走ることに其々の思いをこめて それなりの意義をもって参加しているのだと思う。  
見ているだけの者にとっては単なるイベントに過ぎないが その達成感は人生において心のモニュメントになることと思う。

年を取ると 昔の良かった時代を糧に生きているような場面もあって もう一度あの日のように歩けることは出来ないと解っていても 「夢よ再び」と 有り得ないいつかを 夢見たりしている。




 

| | コメント (2)