« 会えたらいいね・・(630)  智光山へ再び | トップページ | 会えたらいいね・・(632)   熊出没のニュース »

2012年10月16日 (火)

会えたらいいね・・(631)  きのふいらしってください

先日 偶然点けたラジオから 詩が流れてきた。

「きのふいらしってください・・・・」 吉永小百合のあのハスキーな声で。

今年は 室生犀星没後50周年とか。

先日軽井沢へ行った時も 犀星の別荘跡がそのまま残っているそうなので気になったが 一人ではなかったので犀星記念館には寄らなかった。 

好きな詩人の一人で・・・・、(と言っても深く知っているわけではないが) 詩集の中のこの詩が 当時の自分の心境にぴったりで 暗唱するほど繰り返し繰り返し読んだ。

目のつくところに置きたくて 絵にも字にもならない文字だけ書いて 様にならなかったが 軸にした。
P1050190_2
P1050193_7

      昨日いらしつて下さい  室生犀星

 
      きのふ いらしつてください。

      きのふの今ごろいらしつてください。

      そして昨日(きのふ)の顔にお逢ひください。

      わたくしは何時(いつ)も昨日の中にゐますから。

      きのふのいまごろなら、あなたは何でもお出来になつた
       筈(はず)です。

      けれども行停(ゆきどま)りになつたけふも

      あすもあさつても

      あなたにはもう何も用意してはございません。

      どうぞ、きのふに逆戻りしてください。

      きのふいらしつてください。

      昨日へのみちはご存じの筈です、

      昨日の中でどうどう廻りなさいませ。

      その突き当りに立つてゐらつしやい。

      突き当りが開くまで立つてゐてください。

      威張れるものなら威張つて立つてください。

今思えば 恥ずかしげもなく よく軸につくれたものだと笑ってしまうが 
その頃は本当にこんな心境で 相手に突き付けたかった。

「おとといおいでっ!!」 と意地でも言いたかった事を思い出す。

ついでに忘れていた詩を もう一つ 思い出して詩集を広げた。


         

            「日記」

               これが日記なのね、

       このひとは幾つになるの。

       もひとりいらつしやるわね。

       また ひとり出て来たわね。

       一たい 何人いらつしやるの。

       これ みんなあなたのお人、

       わたくし もうかへるわよ

       あきれちやつた。


通院する場所が田端 にもあって 待ち時間の間 目の前の「田端文士村」を覗く。
犀星も 金沢ばかりでなく ここ田端にも住み 文士との交流も深かったと聞いている。

田端と言う場所は 文芸人が多く集まっていて 芥川龍之介の家なども残っている。
当時の文芸家の交流を彷彿とさせるの
で歩いてみたことも有るけれど 文学作品にも疎いので 勿体なかった。

系統立って何かをせず いつも興味本位でつまみ食いしているだけで 今更 勉強しなおす年でもないし・・・・、と反省ばかりしている。


 

 

|

« 会えたらいいね・・(630)  智光山へ再び | トップページ | 会えたらいいね・・(632)   熊出没のニュース »

コメント

 10月の日記を読ませて戴きました。
 書かれている文章も、色彩豊かな写真とともに静謐感に溢れ、心休まります。
 お創りになる作品の美術はもとより、音楽(お琴やジャズにも)や能、草木などなど、生活全般の幅広いご造詣に感心しきりです。
 先日、集まりの中で年長者の方が、いつまでも若くいる秘訣として、「テクテク(よく歩くこと)カミカミ(美味しく食べること)ニコニコ(腹を立てずにいつも穏やかに)ドキドキ(感動すること)」と言われ、御日記の胸キュンで思い出しました。
 わが初孫はまだ5歳、中学入学を見られるかなと、内心思っているのですよ。
 
 

投稿: ルソー  | 2012年10月18日 (木) 19時32分

ルソー さま

いつも見て頂き有難うございます。

そうですね・・・・、いつも胸キュンで有りたいと思うのですが 歳を重ねるにつれ感動もなくなり諦めることばかりです。

お琴だけは7歳から続けていましたが リウマチという持病を抱えてからは 指が使えなくなって諦め その他は病気になってから逃げの趣味で始めました。
神様の計らいだったのかもしれません。
そんなわけで すべて浅いのです。

ルソーさまより 風子の方が先にお召が来るでしょう。
それまでは お互いに元気で居ましょうね!
お孫さんのお嫁さんを確認するまは・・・・。

投稿: 風子 | 2012年10月19日 (金) 00時11分

 秋たけなわの中の散策・・・
相変わらず行動的ですね

 赤と黒のルビーの様な実
なんなんでしょうネ初めて見ました

 ルソーさんも感心されていましたが
芸術や音楽をはじめ訪問させて頂く毎に
風子さんの造詣の深さには驚かされます

 もうすぐ晩秋から初冬への季節の移ろい
元気に楽しんで下さい

投稿: | 2012年10月19日 (金) 09時05分

造詣が・・・、なんてとんでもない。
すべて付焼刃なので すぐに剥がれます(happy01
それぞれ持ち分があって ?さんのアジアの分野やルソーさんの音楽他の深さには及ばないのです。

風子は好奇心が強くて なんでも首を突っ込むくせがあるので困ったものですが・・・・・。

最近は 胸キュンが無くてさびしいです。
これからは パッチワークのように染まって行く遠くの山に思いを寄せる日々が待ち遠しいです。

投稿: 風子 | 2012年10月19日 (金) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/47454065

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(631)  きのふいらしってください:

« 会えたらいいね・・(630)  智光山へ再び | トップページ | 会えたらいいね・・(632)   熊出没のニュース »