« 会えたらいいね・・(629)  軽井沢 へ | トップページ | 会えたらいいね・・(631)  きのふいらしってください »

2012年10月15日 (月)

会えたらいいね・・(630)  智光山へ再び

空は蒼くさわやかな季節も あっという間に過ぎ去ってしまう。

若い頃は 夏の日焼けした肌を後悔しながらも 白い肌が似合う秋風の届くのが待ち遠しかったものだけれど・・・・。

季節の移り変わり方が変わってきたのだろうか、やっと小さな秋を見つけたと思えば 直ぐに北風が寒さを運んできて 長い冬に入ってしまう。

そのうち四季は無くなって 夏と冬の間に春と秋が 顔をちょっと覗かせる程度になってしまうのではないかと 心配になる。

智光山の秋の薔薇は・・・・、と急に思い立って 車を走らせる。

此処へは何度となく足を運ぶけれど いつ来ても自然のままの姿が心を休めてくれる。

わが家の近くの雑木林とは違って 全体が黄色く染まることはなく 逆に常緑樹が有るから 黄色が映えると思っている。P1050160

P1050161

突然 蜘蛛の糸に揺れる枯葉のブランコに見舞われて びっくりすることもあるけれど
P1050162_2

一昔前は スケッチ会があっても これだけの階段を降りる足が動かなくて 仲間が下の景色を描きにいっても 「私は 此処が好き」 と偽って 一人止まったことを思い出す。
P1050165

釣り堀には 太公望が 相変わらず日がな一日糸を垂らす。
P1050184

お目当ての薔薇園は時期が遅く 枯れ始めた花もあって 期待はずれだったが
P1050173

「プリンセスミチコ」と言う薔薇。

飛び交うトンボも 若い蕾が好きらしく 開いた花には止まっていない。
 
♪止まっていーるーよー竿のさーき と言うから 蝶と違って とがった処が好きなのかも?
P1050177


もう一つのお目当ては 「せんだん」の木の実拾い。
先日来たときには お掃除した後で 何にもなかったが 今回も腰が痛くなるほど探してやっと見つかった。

大風の吹いた朝早くなら 黄色いさくらんぼのように連なって 沢山落ちているのに・・・。
おまけがあって 初めて見つけた「ハンカチノキ」 の実。
花は 毎年見るけれど 実は初めてなので 嬉しくなって幾つも探した。
P1050189
左から 栴檀の落ち葉、 実、 ハンカチノキの実

植え込みの 黒と赤のルビーのような実は何かしら? 陽に輝いて宝石のよう。
P1050172

拾った木の実を 柔らかく包んで ご機嫌で帰る足取りも軽かった。

P1050182
前を行く女性の姿が絵のようで ストーカーになって そうっとついて帰ってきた。

今日も 好い日。










 







|

« 会えたらいいね・・(629)  軽井沢 へ | トップページ | 会えたらいいね・・(631)  きのふいらしってください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/47461251

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(630)  智光山へ再び:

« 会えたらいいね・・(629)  軽井沢 へ | トップページ | 会えたらいいね・・(631)  きのふいらしってください »