« 会えたらいいね・・(565)  薬で病気に | トップページ | 会えたらいいね・・(567)  はじめてのジャム »

2011年11月27日 (日)

会えたらいいね・・(566)  ミニ展覧会

友人の展覧会の案内をあちこちから頂いて 忘れないようにと手帳に書き込んで居るが
このところ 体調がはっきりせず失礼する事も多く 残念な事を重ねている。

少し落ち着いてきたので さて何処へ行こうかな~~と 手帳を繰っていたら 「27日6時搬入」 とメモしてあった。

あれ~~! 自分の展覧会を忘れていた! 

10年程前 絵を始めたばかりのころの仲間と7人で会を作って リーダーさんが毎年企画して下さって もう止めてしまった風子にまでお誘いをくださる。
去年は 都合があって出せなかったので 「今年は・・・」 と連絡いただき 「搬入も参加します」 と言ったのに まだ額装もしてなかった。
P1010093

今年の初め 元先生の生徒さん達の大きな展覧会にも出品させていただいたので 油彩は出し切ってしまって 新しいものが無い。 

スケッチブックの中の 鉛筆デッサンを出す事にしたが 切り取っただけで忘れていた。
慌てて 無理を聞いてくれる画材やさんへ 昨夕走った。
明日搬入前に頂きに来ますから・・・・と。

孫にも衣装なので 額やマットの色、カットの位置に拘るので あるもので・・・とはいかないので苦労する。(それも楽しみなのだけれど・・・)
P1040058

昨日 手帳を見なかったら・・・と思うと 冷や汗が出てくる。
前にも ミニクラス会の日にちを間違えていて 
「今 何処に居るのー?」 と携帯が入って 「家よー」 と言ったら 「何やってんのよ、みんな待ってるのよ」 と 叱られた事があった。
結局 会場までは時間が掛かるので欠席させてもらったが その後も時々そのことを引き合いに出され 頭の痛い思いをしている。
P1040057_2
年々 こんなことが増えて 自分でも大丈夫かしら~~? と不安が重なって 慎重になれば成るほど 変なところで注意深くなって逆にびびったりする。

最近は 体調が悪かったり考え込んだりしている時は 車には乗らないようにしているが
額をいくつも持っては歩けないので 今日は取りに行ってその足で搬入に向かわなくては・・・。 
P1040059

仲間にも2年ぶりで会えるけれど みなさん他の先生について活躍しているし・・・、ちょっと落ちこぼれたような淋しい気がしないでもない。

こじんまりした画廊喫茶なので 絵や写真に精通したマスターと話すのも楽しみだし 黒カレーが美味しいのだ。
会期中は 何回か足を運ぶようなので まだダイエットとは遠のいてしまいそうだ。

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::

      山茶花と侘び助が 今年も見事に花をつけている。
      この山茶花もわが家へ来て26年。
      風子も少々ぼけてもしかたない歳だな・・・・と。
      
      花は老化って無いのだろうか 
      季節がめぐってくれば いつも忘れずに 
      美しく咲いて 年を重ねた花と違わない気がする。
 

|

« 会えたらいいね・・(565)  薬で病気に | トップページ | 会えたらいいね・・(567)  はじめてのジャム »

コメント

お早うございます。

手帳のチエック お忘れにならないように
(o^-^o)

侘び助 良いですね  私の師匠が(存命なら110歳)  此花好きで 
昔は  今の皐月のように 品評会が有った
神明町に花柳界が有ったころ そこで 新種が沢山発表された  戦後ほとんど 消えていった 残された数少ない種のひとつが 侘び助 
色々引っ張りまわされて見に行ったけど  向島の百花園には まだ何種か残っているみたいです

文字化けして 何を入力しているか解りません  誤字脱字 お許しください

投稿: よし坊 | 2011年12月 2日 (金) 10時23分

よし坊 さま

今年は 侘び助が沢山花をつけました。
手入れは何もしないのに偉いです。
この白だけと思っていましたが わが家には白から一ヶ月後に咲き始める「紺紅の椿」があるのですが 形も大きさもがそっくりです。
これも 侘び助の種類なんでしょうか?

単衣の花が好きなんです。

投稿: 風子 | 2011年12月 2日 (金) 23時07分

現在の 皐月のように 沢山の品種が有ったみたいです

照葉樹からの別れなので 割合簡単に新種が作れたみたいです

八重の椿は 花落ちが惨めで やはり単衣の方が赴き有るのでは

そちらでは お茶の花 綺麗に咲いていますか 原木の花は 趣が有って・・・・

やぶきた が主流の現在 狭山の深蒸し 拠葉の厚い ねっとりとした甘みの有るお茶
お目にかかれません

九州の八女茶 最北茨城の大子茶 この辺りのお茶も 美味しいのが出ます

窒化技術が進み 新茶の時期がなくなりました  静岡の一番茶 胸の焼けるようなきついお茶 懐かしいです

五感が鈍り何を飲んでも 繊細なところは感じられなくなって来てます
ニュウロパチィーには勝てません

投稿: よし坊 | 2011年12月 3日 (土) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/43162206

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(566)  ミニ展覧会:

« 会えたらいいね・・(565)  薬で病気に | トップページ | 会えたらいいね・・(567)  はじめてのジャム »