« 会えたらいいね・・(548)  暇なので | トップページ | 会えたらいいね・・(550)  疲れた・・・。 »

2011年9月28日 (水)

会えたらいいね・・(549)  骨董市

毎日が日曜日なので 朝起きると何をしようかと考えてしまい しなければならない事は山ほどあるのに そういうことには触れたくないので お外様になる事にしている。

少し前までは 外にでる事も億劫で引きこもっていた。
毎年訪れる木曾や八ヶ岳など信州方面、会津へはまだ足を向ける元気はないが 近場をうろつく気持ちが起きてきた。

今日は28日、川越お不動さんの骨董市。
表具をしなくなってから 古裂を探す楽しみもなくなってしまったので 遠ざかっていた。
裂を見れば 要りもしないのに欲しくなってしまうので  自粛していたと言うわけ。

今日は朝方は肌寒かったが 空は青く 絶好の骨董日和。
昔は夜明けを待って出かけたのに・・・と 思い出したら 急に行きたくなってしまった。
お昼には もう片付けに入る業者さんもいるので 遅いかな~~?と思いつつ電車に乗った。

本川越から歩いて いつもと同じどろぼう橋から喜多院を抜けて お不動さんへ。
P1030613
今日はお天気が良いと言う事もあって 歩くのも儘ならない混み様で 屈んで品定めする方のお尻にぶつかりながら歩く。
P1030615 P1030616 P1030618

古裂には絶対に目を向けないようにしていたのに 吸い寄せられるように近づいた布。
P1030619
大正時代という和更紗(右) 左は江戸時代らしい・・・というが 褪色した金銀の刺繍が落ち着いて 羽二重のような柔らかな地は触っただけで砕けれしまいそうな危うい美しさだった。
「欲しい~~」 と心が言っている。 
「何に使う・・・?」 と 誰かがささやいている。
お値段は・・・・、 聞かない。
手の届かない値段に決まっている。 
聞いて もし都合付けられる値なら 無理しても買ってしまいそうだ。
店主は 「めったに出ませんよ・・・」 というけれど また 箪笥の中に お宝だがぼろ布(興味が無ければ) が増えてしまう。

「ありがとう・・・、、見せていただいて」 とその場を離れた。

いつもの骨董屋さんの前に来た。
昨日もお店へ行って遊んできたばかりで 「会ったのは 何日ぶりだっけ・・?」 と笑ってしまった。
見なければいいのに いいもの見つけてしまった。
可愛い急須、軽く柔らかく温かく手に馴染むので紙粘土かと思うくらいだったが 万古だそうだ。

P1030620          (実物大)

万古は好きだけれど この色は始めてみる。
「いくら・・・?」  
「風子さんだから20%引くわ・・・」    「・・・・・・・・・」
「お取り置きするわ・・・、普通 三分の一 前金頂くけれど 風子さんなら前金無くてもお取り置きするわよ」 
「う・・・・ん、帰って通帳見てから・・・・」 と 手から離したが 感触が手に残る。
使うわけではなく飾っておくのだから 必要なものではないし・・・・。
今度は 小さな置き台が気になる。
P1030621
「これ 引き出しを縦にしてるだけなんですよ」 格子にしきってある。
「そうね、引き手がついてるもんね。    へ~~~、 こういう使い方があるんだ・・・・」 また感心して 何処へ置こうか考えている風子がいる。

ぐっと 逸る気持ちを押さえて 「そろそろ片付けの時間なのね・・・」 と帰って来た。

どうしようかな~~、欲しいな~~、 断捨離なのにね~~。
でも 「欲しいという欲がなくなると 歳なのよ!」  と悪魔がささやいている。

川越の街を歩いて トンボ玉のアンティークのお店で 元気になった作家さんと2時間も芸術的な(???)お話をして 駅を降りたら もう日が落ちて茜色の空に灯りが煌めいていた。
P1030626

そうか・・・、昨日は新月、 お月様は見えない。 

|

« 会えたらいいね・・(548)  暇なので | トップページ | 会えたらいいね・・(550)  疲れた・・・。 »

コメント

 素晴らしい御天気みたいでしたね。
抜ける様な空が見て取れます。

 海外を旅しているとその土地の
市場を必ず訪れるんですが
 
 生鮮食品に混じってガラクタや
骨董品、布製品がひしめいている
場所に良く出くわせます。

 風子さんが居ればきっと何時間も
動かない事でしょうね。

 俗物の私は見ながらとうり過ぎて
いるばかりです。

投稿: たろうUKB | 2011年9月29日 (木) 10時27分

たろうUKB さま

いつもたろうさんのアジアの旅日記を拝見して 行きたいと思っているんですよ。
タイシルクのオールドは高価で手に入りません。
今は 16世紀のトンボ玉に凝ってます。
風化したガラス細工玉が壊れそうに美しいんです。

古裂もトンボ玉も 宝石好気にとっては塵ですが アジア好みのたろうさんなら 解って頂けるかと..happy01  

投稿: 風子 | 2011年9月29日 (木) 11時03分

ウインドウショッピング
昔は馬鹿にしていましたが、今では大事なレジャーに!
買わぬ喜びを自虐的に楽しんでいます。
断捨離などと言わずにこんな喜びもあることを知ると面白いもんですよ。

投稿: けんけん | 2011年10月 2日 (日) 16時17分

けんけん さま

女性は そこが問題なのですhappy02
デパートだと ウィンドショッピング出来るのですが 知ってるお店の方に言われると弱いんです。あちらはこちらを見抜いています。
高価な骨董は興味ないのですが・・・・・。

投稿: 風子 | 2011年10月 2日 (日) 22時18分

骨董品を見る目まるでないので
判らないのです(苦)

風子さんのお知り合いにしていただくには
デリカシーがなさ過ぎ・・・

昨日はあまりにも面白すぎる古代史講座で
今も夢うつつ・・・

投稿: イヴ | 2011年10月 2日 (日) 23時01分

イヴ さん

そんな事いわないでぇ~~heart04
風子は気難しくて我侭なだけ・・・。

骨董は 金目のものはまるで解らないんです。
リサイクルか見分けがつかないようなものばかり集めてます(特に ぼろ布)

私が古代史が解らないのと一緒でーすcoldsweats02

投稿: 風子 | 2011年10月 3日 (月) 00時37分

骨董市に足を運ぶこともなくなった身。
雰囲気を楽しませてもらいました。

見る目に自信がなく、好きだけでお値段と相談しながら、
それでも欲しくて買ったものも
今では、ちょっと…なのです。

川越の町は一度だけ訪ねたことがあります。
面白くて、懐かしい雰囲気にもう一度行けたらいいなあ~と思うのですが。

上京してもあたふたして、そそくさと帰ることがパターン化。まだ、現役の部分もちょっぴり残っているのかもbleah

投稿: でこすけ | 2011年10月 9日 (日) 15時18分

でこすけ さま

私も見る目は有りません。
言われるまま信用して買ってしまいますが
後で 単なるリサイクル品だったりして
がっかりもしますが それはそれで・・・・。
でこすけさんは 義父様の残されたものにいいものがお有りのようで それで十分ですね! 
断捨離 と言われているのに 拾って歩いていますwobbly

ぜひ もう一度川越にいらしてください。
詳しくは有りませんが 少しはご案内flagできますよ。 

投稿: 風子 | 2011年10月 9日 (日) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/42097615

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(549)  骨董市:

« 会えたらいいね・・(548)  暇なので | トップページ | 会えたらいいね・・(550)  疲れた・・・。 »