« 会えたらいいね・・(528)  枯れた花 | トップページ | 会えたらいいね・・(530)  論語入門講座 »

2011年7月17日 (日)

会えたらいいね・・(529)  遠藤律子トリオジャズライブ

何日か前から歯が痛くて そうでなくてもお多福のような顔が 大きな飴を頬張ったようにシワもたるみも伸びて 輪をかけたお多福になっている。

今日は いつものスワンでライブがあるので楽しみにしていたのに こんな情けない顔では・・・・、と思うけれど 律ちゃんが待っていてくれると思うと お客が一人でも多い方がいいので 暗いからまあいいか・・・、と出かけた。

Photo_5

トリオも演奏者が変わるけれど この3人が一番楽しい
P遠藤律子  WB 山口彰  Dr 井上尚彦
Photo_7
   
風子は ジャズが解る訳でもないし 特別好きということもない。
ミュージックは好きなので 楽しければそれで良いという 節操の無いファンなのだ。
律ちゃんの従姉が風子と同級生で 紹介されたのがきっかけで 20年位前からのお付き合い。
演奏はもちろんのこと いつ会っても 細やかな気遣いで楽しませてくれる。

3人分の楽譜を重ねて準備している脇で 風子があれこれお喋りして邪魔をするので なかなか進まない。

山ちゃんが ぬーっと現れる。
3人とも 今日は夏向きスタイル。

時間が来て始まった。 この暑さにも係わらずお客さんの入りは好い。
小さなライブ会場なので このくらいが好いかも・・・? 今日は楽しく盛り上がりそうな雰囲気。

演奏曲目は 何を聴いても覚えてないし 覚える気も無い。

律ちゃん作曲も含めて ずいぶん沢山聴かせてくれた、

律ちゃんのジャズのアレンジの話、井上尚彦氏の リズムの講義とブラシスティックの話は いつ聞いてもおかしく親父ギャグ満載。
P1030289
P1030281

彼が名付け親のマーマーヨ(山ちゃん) が ヨーヨーマがチェロで弾く「リベルタンゴ」 をWBの弦で奏でると 体の底から戦慄が走る。
チェロより いいな・・・・、と いつも思う。

大きなステージで聴いたらどんなに素晴らしいかと 一度聴きたい。
P1030288

今はライブハウスも減って どうしても若い人に仕事が行き お呼びが少ないと言う。
「山ちゃんは 営業して仕事を取るのは 下手そうだからね!」 と言うと 苦笑いしていたが そこがまた魅力なのだ。
P1030297 「♪ シ・ボ・ネー」 と 途中 全員参加で 掛け声を入れたりで 暑い夏の夜も忘れて楽しんだ
ライブハウスを出たら まん丸な月が 雲ひとつ無い夜空に輝いていた。

今日は盆の送り火。
帰ってから 夜中に慌てて焚いて見送った。
玄関先で帰るに帰れず 「相変わらずだね~~」 と待ち草臥れていた事だろう。 

プロ並みのカメラを持ち込んだKさんが 今朝起きたらメールで写真を送ってくれていた。
集合写真は出来栄えは好いのだが 案の定ひどいお多福だったので 割愛する。 
(上2枚は K氏からの写真を使わせていただきました。)

|

« 会えたらいいね・・(528)  枯れた花 | トップページ | 会えたらいいね・・(530)  論語入門講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/40845965

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(529)  遠藤律子トリオジャズライブ:

« 会えたらいいね・・(528)  枯れた花 | トップページ | 会えたらいいね・・(530)  論語入門講座 »