« 会えたらいいね・・(391)  不良のお誘い | トップページ | 会えたらいいね・・(393) 旅の始めに »

2010年4月 1日 (木)

会えたらいいね・・(392) 朽ち行くもの

雑木林を抜けて 細い農道を300m程行くと 公道に出る手前にこの建物がある。

ここは 農家の庭になっていて 通るのも躊躇するので いつもはUターンするのだが この建物がいつも気になって 通り抜けてみた。

母屋はかなり離れた場所にあって 人気もなく鬱蒼とした大木に囲まれている。
壁は抜け落ち 桟だけになり 所々貼り付けたように残る土壁の色が いかにも風化された時代の経過を物語っている。

煉瓦もしかり 東京駅や横浜煉瓦倉庫の年を経た風合いは 新しい物がどんなに競っても出すことの出来ない年輪を感じて好きだが これとはまた異った美しさなのだ。

朽ち果てた建物が好きで 壊れて今にも崩れ落ちそうな不安定な美に 惹かれる。

この建物もまもなく風化して崩れて行くか 危険と感じて取り壊されてしまうのかもしれない。
持ち主は 何と感じているのだろうか・・・。

ひとの庭先で うろうろとカメラを傾けているなど 見つからないように急ぎ足で 前後して慌てて収めた。

ゆっくりと スケッチでもして 木炭で描きたいな・・・と。
Dscn4519
Dscn4522
Dscn4517
Dscn4509
Dscn4510
Dscn4523
Dscn4511 Dscn4516_2
Dscn1914

|

« 会えたらいいね・・(391)  不良のお誘い | トップページ | 会えたらいいね・・(393) 旅の始めに »

コメント

ステキな廃屋ですね
他人事じゃありません
こういう風に朽ちてゆきたいものです

投稿: 森生 | 2010年4月 3日 (土) 10時52分

森生さんの言うとおりかも

朽る 最高な望みかも

 荒木田の土壁 懐かしいです
立てかけてある シタミ板 ウヅクリで磨き木目出して ・良い素材になるんですが・
(茅葺屋根のすす竹見たいに)

投稿: む々 | 2010年4月 4日 (日) 09時47分

森生 さま

時を重ね 自然に朽ちて行く・・、
そう有りたいと願いながらも
いざとなると 思うままにならず 難しいですね。

投稿: 風子 | 2010年4月 5日 (月) 00時57分

む々 さま

そういう木なのですかー?

今は お風呂の薪もいらないし・・・・。
どうする予定なのでしょうね。

知らない者にとっては 廃材ですよね~~。

投稿: 風子 | 2010年4月 5日 (月) 01時01分

今このまま残っているとは驚きました。
家主さんは、想い出があり崩すことは
できないのかも知れませんね
蔵だったのかしら??

投稿: 花いかだ | 2010年4月 5日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/34030742

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(392) 朽ち行くもの:

« 会えたらいいね・・(391)  不良のお誘い | トップページ | 会えたらいいね・・(393) 旅の始めに »