« 会えたらいいね・・(322) 最高の年・・? | トップページ | 会えたらいいね・・(324)  5/4 智光山公園は »

2009年4月27日 (月)

会えたらいいね・・(323)  よびつぎ・・ではない。

「よびつぎ」  という言葉をしったのは つい最近のこと。

Img204 積読(つんどく)だった「風姿抄」 を 入院中に読んだことで ひとつ物知りになった。
これは 陶工とは別に 「よびつぎ」 の専門家がいて 何千何百の陶片のなかから 胎土のうすさとか カーブの具合などを選んで ひとつの器に作り上げることのようだ。

くっついて離れないということから 結婚の縁起物につかわれていたらしい。

風子の場合は 単に割れた欠けらを集めて 元に近い形に貼り付けただけのこと。
それにしても 今回は細かく割れすぎて 復活するのに大変な思いをした。

飯能にある南川窯の作品が面白くて 一時 ずいぶん集めていた。
ご家族で作っていて 其々に特徴があって可愛くて 使うというより 飾っておくと微笑ましくなる。
Dscn2023 小皿は手びねりで 形も模様もみんな違っていて楽しかった。
けれど どういうわけか よく割れる。焼きが甘いのだと思うけれど それはそれで割れないと次を買わないので いいのかもしれない。
小皿は 5枚のうち 残っているのはこれだけ。
ポットは 買ってきて開けた瞬間 ポキンと刺し口が折れてしまった。

Dscn2022  集めたもので まともに残っているっものはひとつも無くて ハーブオイル用(左)、香炉(中)、ポット(右) すべて 貼り付けてある。

問題は 真ん中の香炉。
ちょっと手から離れて 床に落ちてしまったのだ。
粉々になって 拾い集めたけれど もともと穴だらけなので パズルのようで 繋ぎ合わせるのに 苦労した。

やっと 原型に近く出来たけれど 細かく割れすぎて 一部分の欠けらが足りなくたってしまった。

まあ、いいか・・・。 もともと 穴が空いていたのだから・・・・。

Dscn1806

|

« 会えたらいいね・・(322) 最高の年・・? | トップページ | 会えたらいいね・・(324)  5/4 智光山公園は »

コメント

春の行事が終わってほっと一息。
久しぶりに覗かせてもらいました。
みんな面白かった。
編集者の眼じゃありませんよ。念のため。
徹底アナログ人間にはメールは苦手で、いつも覗くだけで申し訳ない。
覗くだけ、というのは、余りいい趣味じゃないな、と思いつつ。
ご海容あれ。

投稿: 風来坊 | 2009年4月30日 (木) 21時27分

風来坊さま

覗いていただけるだけで 充分です。
見て頂きたいような 無いような・・・。 いつも ひやひやしているんです。
お褒めのお言葉として
素直に 受けさせていただきます。
脳の活性化の為と ない頭をしぼって
書いています。

投稿: 風子 | 2009年4月30日 (木) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/29325039

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(323)  よびつぎ・・ではない。:

« 会えたらいいね・・(322) 最高の年・・? | トップページ | 会えたらいいね・・(324)  5/4 智光山公園は »