« 会えたらいいね・・(268) 母への手紙最終便  | トップページ | 会えたらいいね・・(270) 高原は秋色・一日目(10/2) »

2008年9月30日 (火)

会えたらいいね・・(269) カンタ刺繍

28日は 何かあるような気がしていた。

早めに起きたのは 何か理由があるはずだと カレンダーを見ても手帳の予定表をたどっても 書き込みはない。

納得いかないままに 昼が過ぎた。
暇なので 古裂の整理でもしようかと 二階へ上がって 慌てた。

28日は 喜多院お不動様の骨董市だったことに気が付いて スッピンのまま飛び出した。
どうしても 探したい布があったのに・・・、と気が急く。
炎天下うろうろするので いつもなら日焼け止めを塗ってつば広帽子を被って 万全の対策で出かける。
それでも 日焼けは免れないのだ。

運良く 曇り空で小雨が時々降ってくる。 1時半に到着。
もうお店は 帰り支度が始まっている。

背中越しに 「風子さん 今日はゆっくりですねー」 と知り合いの骨董屋さんに声をかけられた。

お目当ての布を探す間もなく 帰る羽目になってしまった。

ところが 帰りがけにまた悪い癖が出て アジア系の布を覗いてしまった。

あー、目をつぶろう、見なかったことにしよう と思っているのに なぜか布の方が呼んでいる。
『カンタ』 という インド西ベンガルや バングラディッシュ で見られる手仕事の布。
手に取ると 可愛い可愛い刺繍が よくもまあ・・・、という細かさで ひと針ひと針 さされている。
Dscn0929
手をつなぐ子供の輪、木、花、遊ぶ子供、家、鳥、鹿、犬、楽器を吹くひと、馬に乗る人、太陽、星、赤ちゃん・・・・・探しきれない。
下書きの後がうっすらと青く残っている。

Dscn0932 この刺繍は それぞれの模様に祈りをこめて 針を運んでいる。
電気も水道もない生活だからこそ出来るそうだ。

何かに仕立てようと思っても 作者に刃物を突き刺すようで 鋏をいれることは出来ず 結局は 愛おしく眺めているだけになってしまう。

あー、また 買ってしまった。 

だから 近寄っては いけないのに・・・・・。

|

« 会えたらいいね・・(268) 母への手紙最終便  | トップページ | 会えたらいいね・・(270) 高原は秋色・一日目(10/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/24126588

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(269) カンタ刺繍:

« 会えたらいいね・・(268) 母への手紙最終便  | トップページ | 会えたらいいね・・(270) 高原は秋色・一日目(10/2) »