« 会えたらいいね・・(256) こけし | トップページ | 会えたらいいね・・(258) ふよう »

2008年8月28日 (木)

会えたらいいね・・(257) 集う

絵の仲間が集まった。

風子が絵を始めたのは この病気になって何とか楽になりたいと 「気功の教室」を探しにカルチャーセンターを訪ねたのがきっかけで 壁に掛かった「K講師の絵」に魅せられて急遽 絵に方向転換。

それが 今に至っている。(この半年 思うところあって中断しているけれど)

その当時の仲間は 一人減り二人減りして5年程前に別れたが  年に1,2度 集まっては スケッチにいったり呑み会をしている。
80歳を迎えようとしている方二人を頭に 還暦過ぎたものが殆どで 描いてる方も描かない方も 話は当時の「絵」の話に戻る。
同じ趣味を持った者の集まりは 共通点があって 孫の話も連れ合いの愚痴もなくて その時だけは 芸術家になっている。Img166

自分の無力や我侭を省みず 「講師の教え方が悪い」 と止めていったのに 今となると 「やっぱり いい講師だったとか、いや あの点が良くなかったとか・・・・」 思い出に花が咲く。

講師だって人間。
「全て良し!」 という事はない。
問題は 力量が有るかどうか・・という事に尽きると思っている。
辞めないで 食い下がって付いて行った風子は能天気なのか 講師が忍耐強かったのか・・・?

どうも 講師に歩があるような みなさんのご意見。

共通して思っていたことは 「止める」 と言った時に 「去るもの追わず」 のクールさだったようだ。
習うものから言えば 「講師は一人」であって 講師からみれば「生徒分の一」で 細かいことに係わっていたら仕事にならない。

体調不良で参加できなかった一人を除いて 7人が揃った。
胃潰瘍で喀血 禁酒にも拘らず二人で焼酎ボトル2本も空ける不心得者、透析治療しながらも駆けつけてくださった方。
Img167
自慢(?)の絵を持ち寄って 楽しく過ごした4時間。
次回は 講師をお呼びして・・・、ということになり 「さて 誰が鈴を・・・」 と。
猫さまは 一回り以上お若い。
逃げ足も速いに違いない。

tulip写真は 幹事さんがスケッチに行っていた頃の写真を コピーして持ってきてくださった。
若かったねー。楽しかったねー。
scissors
 
“アレーっ! 風子の絵がない!
って思ったら・・・・、 あった、あった。

右端に小さなスケッチブックに 樹一本。
本人は気に入って これを6号の油彩にした。見ていただいたら不評で 潰して 今は何かの絵の下になり 影も形もない。” 

|

« 会えたらいいね・・(256) こけし | トップページ | 会えたらいいね・・(258) ふよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134866/23303515

この記事へのトラックバック一覧です: 会えたらいいね・・(257) 集う:

« 会えたらいいね・・(256) こけし | トップページ | 会えたらいいね・・(258) ふよう »