« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

会えたらいいね・・(201) ヘアースタイル

爆発だ~~~~。

日頃 美容には お金を使わない主義の風子だけれど このところ寄る年波には勝てず(とっくに負けているが) 朝 鏡に向かうたび 白いものがどんどん増えて カラーの茶と 残り少ない黒 とで 三毛猫cat状態になっている。
美容院が嫌いなのと かかる費用dollarも馬鹿にならないので 一年に一度カットhairsalonに行くだけだったのに 何とかなるかと 今年は3回も 行ってしまった。

今年初め ウエーブのない髪に 「スパイラル」なるスタイルで挑戦したのに 何の変化もなく 「やり直してもらえば?」 と友人virgoに言われたけれど 面倒なので 止めた。

そして 今回 更なる挑戦で 美容院で前回のことを話したら 「ウェーブが出てなかったと    私も思ってたのよ」 ・・とは何事!!pout

それで 今回は 「普通のウェーブでお願い」 と言うことになった。

終わって びっくりsign03

ちりちり・・・・・wobbly   なのだ。     爆発してしまったthunder

Img129_sh01       Img129_sh02

     soonon   









  髪をあげたら・・・・。
Img129
Img129_sh03
          

     soonon










だから 美容院はいやなのだ。 いつもそうなのだ。 こちらの表現が悪いのか? あちらの受け取り方が悪いのか~~~。
                     

| | コメント (3)

2008年3月26日 (水)

会えたらいいね・・(200) 手数料

Img121_sh03_3 そんなの 知らなかったァ!!!

小為替を組みに 郵便局へ行った。

10月に民営化されたけれど 貯金が沢山あるわけでもなし 切手やハガキを買ったり 偶に荷物を送るだけで たいして不便も変化も感じていなかった。

「三分割されるだけで 今までと代わりありません」 と言う言葉に(そんなことない。それなら 分ける必要ないじゃない) とは思ったが 深く考えていなかった。

それが 今日 行ってみてびっくり! 小為替の手数料が10倍になっているのだ。

「そんな事 聞いてないー! 何処に書いてあったの?」 と思わず言ってしまった。

日本郵政公社が 郵便事業(株)・ゆうちょ銀行(株)・(株)かんぽ生命保険 に三分割され その事業を郵便局で窓口事業委託される 郵便局(株)と合わせて 4つの会社になったそうで その持ち株会社が 日本郵政グループ 日本郵政(株)となり ややこやしくて  今頃になって 何が何だか 余計に判らなくなってしまった。

それで 為替関係は その(株)ゆうちょ銀行の業務になるそうだ。

腹がたったのは その手数料。

Img121_sh04_2 様の指定で 1610円 を小為替で送ることになった。

今までは  1000円 →1枚 ・ 600円→1枚・ 50円(10円はないので40円損して50円組む)→1枚    計 1650円と 手数料(1枚10円だった)30円で良かった。

今回は   1000円→1枚 ・ 500円→1枚 ・ 100円→1枚 (600円から900円まではなくなってしまった) 50円→1枚 手数料(1枚100円になった)400円なってしまった。 

実質 13%強の値上げだ。 「手数料で運営しているので・・」 というけれど ただ金額の書いてある用紙なるものを 買うだけで 受け取った人はゆうちょ銀行へ出向かないと換金できないし 期限があるから(一年?)風子は以前忘れていて 貰い損なったことがある。ゆうちょ銀行は丸儲けだ。

枚数を少なくするためには 2000円にするといいのだが 逆にお金が余計に要ることになり やっぱり損。

振込み料と思えばいいのだが 納得いかない。
600円~900円がなくなってしまったのは 「簡素化」 したと言う事らしいが・・・。

結局 頭が混乱して 帰って来てしまった。 
Img121_sh02_2
先様が小為替と指定しているからしかたがないが 文句を言ったので 他のゆうちょ銀行へ行こうか それとも 知らん顔して 現金入れて送っちゃおうかと 最近 「辛 淑玉さんの『悪あがきのすすめ』」 を読んだ所為か 悪あがきしている 春の宵です。

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

会えたらいいね・・(199) 薬師寺展

Img127  知人から 開幕に先立って薬師寺展特別内覧会の案内を頂いた。

薬師寺には 特別な思い入れがあって 前から楽しみにしていたが 始まる前に見せて頂けるなんて 思いがけない幸せが舞い込んできた。
今回は薬師如来はお出ましにならないが 脇侍の日光・月光菩薩立像が2体揃って 初めて寺外で公開される。
大好きな 両菩薩さまに会えると思うと 朝寝坊の風子も夕べから興奮気味で 朝も早く目が覚めた。

薬師寺さんでお会いしたのは 大講堂がまだ復元中だったから かれこれ6、7年前のこと。
奈良のお寺を巡る旅の企画に その頃 足が満足に歩ける状態ではなかったが 痛み止めで調整して 参加した。

薬師寺では 現執事長の村上大胤さんのご案内で Img128_sh01 大講堂での復元現場にも入れていただき 宮大工の芸術的な鉋屑を記念にしたり 瓦に墨で一字書いて 奉納させていただいた。

薬師寺は 天武天皇が皇后の鵜讃良皇女(のちの持統天皇)の病気平癒のために発願したが 病は治ったものの 天皇は完成を見ずして病に倒れ 崩御後持統天皇が建立したもの。 

伺った時は 薬師三尊像は金堂ではない場所に安置されていたが 声明と読経の中 持病の平癒を祈って お参りさせていただいた。 

湖北の十一面観音を巡ったり 京都 小浜など あちこちの お寺を訪ねる旅をしたが いつも 国宝・重文など「仏像」「美術品」 と言う目で 特別な感情もなく見ていた。
けれど その時ばかりは 手を合わせていると 止め処もなく涙が溢れ 自分で抑えられない不思議な経験だった。

その後 持病はは手も足も進行して 一時は辛い日々だったが 今は曲がりなりにも元気に日々過ごしている。
いつか お礼参りしたいと思っていた。
それが 今日は東京に居てお礼が言えるのだ。
Dscn0236
光背を外した両菩薩像は 正面からのお姿はもちろんのこと 見ることの出来なかったふくよかな背面の流れの美しさは 三曲法というそうでリズミカルな動きがある。
近くからだと見上げる形になるが 上の通路から拝顔すると正面からお会いしているようで 月光菩薩の慈悲深いお顔に 薬師寺さんでお願いした時のことを思い出して また熱いものがこみ上げてきた。

聖観音菩薩立像も 悲運な最後をとげた「有間皇子」がモデルという説もあるが 正面を向いた青年らしい姿がきりっと美しい。

空いてきた頃を見計らって もう一度両菩薩像に手を合わせてお礼を言い 降りてきたら 執事長の村上大胤さんにばったりお会いした。
「お礼参りにも伺えず・・・」 といったら 「今日来てくださったから・・・、 5月には 辻説法行きますよ」 とのこと。

外は雨も上がり 桜もちらほら。 頂いた重ーい図録を片手に 足を引きずって帰ってきた。
お留守を守っている 薬師如来さまにも お礼に行かなくては・・・、と思っている。

| | コメント (0)

2008年3月20日 (木)

会えたらいいね・・(198) お誕生会

Dscn0199 桜の蕾も膨らみはじめた春の一日 見目麗しき女性達の集まりを催すはこびとなった、というと格好いいが 単なるbeerbar会。coldsweats01

2月生まれが二人居て 「お誕生会」 という名目になった。
いまさら・・・、と思うけれど お祝いして頂く事は 嬉しいhappy01

みなさま 置物(おっと違った変換したら出てきた)ではなく お着物で集合。
virgovirgo名を覗いては みなさん若くて 風子にとっては お嫁さんのような方ばかり。

行く先は 一番若いお嫁さんが pcで検索の 「囲(かこい)」。

前回(会えたらいいね (171)忘年会)は  無粋な男性leodogと隣り合わせて 厭な思いをした。 
おそるおそる入ったお店は いろいろな条件をつけて捜してくれたらしく 所沢にもこんな広いお店があったのかーとびっくりsign03emptyいていたから?)

大小の部屋は御簾で仕切られて 麗しき女性の集まりには相応しい。
奥から 静々と 「殿」 でもお渡りになりそうな雰囲気のなか 今時の格好良いお兄ちゃんがお世話係。

お料理の量も適度で 上品に盛り付けされて美味。
飲み物は飲みfree放題。
そんなに飲む人もいない(?)のに・・・・と思ったけれど ワインbarwineなどデキャンタでお変わり おbottlebottlebottleも進み 話も弾んで 途中帯を直したりの珍光景があったりで 女性ばかりの集まりの気楽さ。 
だからといって おばさん特有の大声でのおしゃべりやりや笑いもなく 極々お上品confident confident confidentにをモットーに あっという間に時間watchが過ぎ お開きとなった。

若いお嫁さんも 董のたったお嫁さんも みんな気持ちのいい方ばかりで 若い人いびりangry大好きで 意地悪婆さん coldsweats02 happy02 修行中の風子でさえ 口元が緩んでしまうhappy01。 

「年の開きがあるのに どうしてこんなに気が合うのか?」 と言うことになったが 「着物が好きだから」 とお互いに理由をつけて 一同ok納得。 

次回は 誰かを 何かを fishに 集まるbeer予定。

頂いた花束presenttulipを 抱えないように もちやすく用意してくださった袋を提げて 春の宵night ほろ酔い気嫌で帰ってきた。 

  

  

 

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

会えたらいいね・・(197)  小松菜

鶴の恩返し・・・?   ううーん? 鳥の糞返し

去年 初めて「小松菜」の種を蒔いた。

花の種は蒔いたことがあるけれど 野菜は パセリを育てただけ。Dscn0195
・・・といっても 蒔いたら勝手に育っただけで これは取っても取っても出てくるので 重宝している。

何故 小松菜か・・?というと 「ブログ(176)お気に入り」 に書いたように 風子の朝食は 小松菜・パセリ・人参・セロリ・りんごを 生のままバーミックスで流動食状にしているので 新鮮で無農薬が好ましく 有機野菜の店(やおやの兄ちゃん)まで買いに行っている。
それなら 自分で作れば手っ取り早いと 農協さんで種を買って 畑がないので プランターに蒔いた。

待っても待っても 芽がでてこない。
畑をやっているKさんに聞くと 「大丈夫、大丈夫 絶対出るから!」 と励まされ 朝に夕に 眺めてはため息をつき 水をまいてはため息をつき 土が悪いのか やっぱり肥料を与えないからかと 諦めていた。

気がつくと いつの間にか小さな双葉が顔を覗かせ始めていた。 
Kさんは 「間引きした方が良い」 というけれど やっと芽が出たのだし 数も少ないので勿体無いからそのままにしておいた。
なかなか 成長しなかったが 暖かな日が続き ここにきて急に背が伸びて 「明日扱ごう。一束分くらいあるかな・・・?」と楽しみにしていた。

Dscn0190の日の
朝 家人が「鳥が葉っぱを食べているぞー」 と呼ぶので 言ってみたら 見事に茎だけになっている。

仕方がないので 茎だけ食べたが その話をしたら Kさんは「根っこ だけ残しておけば また出てくるのに・・・根っこどうした?」 と教えてくれたけれど すでに塵回収車の中で 後の祭り。

Aさんは 「そのうち 鳥の(鶴の) 糞返し(恩返し) があるよー」 と笑いで慰めてくれた。
また 今日 農協さんで種を買ってきた。

今度食べたり 車のガラスに 「糞返し」 でもしたら 焼き鳥にしちゃうからね!!

 

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

会えたらいいね・・(196) オタネ人参

毎月一回 楽しみにしている食事処がある。
一回というのは 1日~15日までの営業なのでその間に 一度しかいけない。

沖縄出身のオーナーさんで 野菜をたっぷり使った料理で 五穀米・ タイカレー(沖縄カレーでないのが不思議)・もやし炒め・豆・豆腐・ゴーヤチャンプル・てんぷら・その他季節によって色々な沖縄らしい小品が何点か出る。
味も好いし お変わり自由で 無くなれば即座に作ってくれるので 熱々をいただけるし 珈琲付きで何時までもおしゃべりしていられる。 オーナーさんとも 顔馴染みで 楽しみに通っていた。

親しくなると良いことばかりではなく 副業にしている(今はこちらが中心?) 『オタネ人参』を薦められるようになった。
風子は持病があるので 鴨がねぎを背負ってきた と思われたらしい。
どことかの大学教授も開発に関わっていて かなりの病気に効果があるというが どうも中国系統のものは信用でないし その上 一ヶ月分が3万円もかかる。
安く買う為に 何千円か払って会員になると半額になり 紹介するとバックがはいるような全国展開ネットを立ち上げたという。

ますます 怪しげなことになっている。

それはそれで こちらが買わなければ良いことなのだが 宣伝の仕方に疑問があって これが許されるのか? と思ってしまう。
 
その宣伝チラシはこの2種類。  
Img122_3   
 Img123_3                                           週刊誌の記事(週間新潮 ’98.12.24)(週間女性 ’98.10.20)をコピーしたもので 愛子さまのお誕生日は ’01.12.1 なので いかにも効果があったように思えてくる。
効果の有無は別にして 皇室をこんなふうに利用していいのかな・・・?と思ってしまった。
Img124_2 Img125_2
先日行ったら  6月で閉店になるという。
理由は 土地が売れなかったので それまで古い家を利用してこのお店をしていたそうで ここにきて売れたので 止めるそうだ。   
かなりの広い土地でなので マンションでも建つのだろう。 
ご主人は 市議会議員だったとか・・・・。関係ない・・・・?  

『オタネ人参』については 母屋のほうが事務所になっているらしいし 食事のお客はほとんど風子のようなおばさんばかりなので サプリメントのようなものは売れ筋なのだと思った。
宣伝に使われた 雅子妃はその後お二人目がまだ・・ということは 『オタネ人参』を止めたのか それとも効果がないのか・・・・、です。

| | コメント (0)

2008年3月 8日 (土)

会えたらいいね・・(195) 無料着物着付け教室

Img121_sh01_2 「判っていながら 乗せられてしまう」 ということがよくある。wobbly
「自分だけは大丈夫」 という甘さが相手に見破られて 引っかかってしまうのだ。

「無料着付け教室」は、新聞、テレビ、果ては県の広報誌などにも広告を出している。(実態を調べているのだろうか)  
有名俳優を使ってコマーシャルを載せている会社の 「無料着付け教室」 に参加してみた。lovely

着物は大好きだけれど 手が使えなくなってからは全く着られなくなってしまったので 何とかもう一度挑戦して試ようと 申し込んでみた。 

もちろん 最初から 「からくり」 があることは承知で どんなふうに「無料」なのか 興味もあった。
・・・というのは 以前にも 他の無料教室に申し込んだ事があって その時は 「説明会の日に「都合がつかなくて出席できない」 と言ったら断られた。
それは 多分 後日問題が起きないように 上手に逃げ道を作っておく説明だったのだろうと思った。

この地域で よく宣伝している「無料着付け教室」は 3社。 
某教室は 超有名俳優W氏が旗印になって 女優の奥様も着物モデルとして活躍なさっているので それほど・・・?ではないのでは・・・ ?と思ったわけで それが失敗だった。happy02

初日に 先ず 何故無料なのかを説明。
★「和服振興のため経費は協賛している織元が出している」 との説明で 何となく納得。

先生は 日替わりの素敵な和服で指導にあたり 和服の素晴らしさをアピール。
★礼儀正しく 着物の基本から懇切丁寧に・・・だが 「手結び」とはいえ 昔からの手結びとは違い より美しく(?)着るための グッズを販売。   
とても 人前では脱げない下ごしらえなのだ。

始まって間もなく 「帯セミナー」 と言うのが有る。
★産地・工程・格・種類・形態別相違点・・・など。
 確かに 勉強になり この時点では良かったのだが 次の「コーディネイト」の段になり 広い部屋いっぱいに広げた中から 着物と帯、帯揚げ、帯締めなど選ばせ 次第に買う方向に持っていかれる。
問屋を通していないので“安い”ことを強調するが 主催者側にリベートが入るから 買う側としては デパートなどと同じことになる。
予定時間が来ても 買う人が何人か出るまでは 帰れない仕組み。 
(教室によっては バスで連れて行かれ 買うまではバスを出さず 80万のセットを買う羽目になった という話も聞く。)

その後 同じように 「着物セミナー」 もあって 誰も買わないと 先生は段々と不機嫌poutになってくる。
多分 本部から指令が出ていて 先生も辛い立場despairなのだろうけれど 安いものではないので お付き合いで・・・・、というわけにはいかないのだ・・・・。 

その後 買った方の一人がキャンセルしていることが判った。
さぞかし先生はびっくり coldsweats02 sign02 した事と思うが あのような雰囲気の中で 欲しい気持ちがある上に 業者と先生に迫られては 「何とか買える」 と買ってしまうのだ。
  
それを後日 クーリングオフしたのだから 『えらいscissorssign01』 とその決断を褒めたい。

風子など その気持ちがあっても 先生への義理や体裁があって 出来ないだろう。

その後 お教室は何事もなかった(?)かのように 終了テスト(一応 形だけ)を残すだけになった。 
何はともあれ 先生は熱心に教えてくださったし 着物・帯の勉強はさせていただいたので感謝! セミナーさえなければ言うことなしだが 知れば知るほど着物は形式があって 自由に着れなくなってしまう。


市田ひろみさんのように 基本を踏まえて 「しきたりに捉われず楽しんで着る」以外は 着物は「お金持ちの趣味」になるし 廃れていく事になると思う。  

美しく着ることも素敵だけれど 祖母が着ていたように ゆったりと力の入らない着方で着ていたい。

heart04でも やっぱり着物は好きheart04 
   

 

| | コメント (2)

2008年3月 4日 (火)

会えたらいいね・・(194)  お気に入り

遅ればせの お雛さま

お雛さまは 早く飾って ひなまつりが済んだら 早めに仕舞うのが良いと言われているけれど もうお嫁に行くような娘も居ないし 最近は 小さな「陶雛」を好きな時に並べて いつまでも飾ってある。

何年も前に 金沢の成選閣で前田家のお雛さまを見てからすっかり虜になって ○○家△△家と 訪ねて歩いたけれど 今では飽きてしまって 小さな「陶雛」で満足している。
Dscn0181

これは 越生の笛畝人形美術館の近くの喫茶店で人目惚れして買ってきたもので 陶芸家 八木下裕さんのもの。

                                           
Dscn0180
その後いろいろ集めたけれど 去年 ひなまつりがすんでから出来てきたので 今年初めてお目見えの 素人さん作の素朴なおひなさま。
色もなく 地味なところが気に入っている。

自分で創って見たいと思っているけれど 粘土が捏ねられないので諦めるしかない。

そのうち 孫に教えてもらって 紙粘土ででも 創ろうかな・・・・・?

 

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »