« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

会えたらいいね・・(193) ロートレック展

昨日は風は強いけれどsun。 通院日のhospital(東洋医学)の日。

clock午前に受付なので一時には終わる。 
場所も train新宿NSbuildingから train田端の駅近くのbuildingに変わったので 歩く距離も短くなったし 帰りには何処かへ回れるので るんるんで出かけた。

西日暮里から subway千代田線で乃木坂へでれば これまた新美術館まで乗り換え無しrainでもsprinkle要らずで 一番楽な行き方。

横山大観展が終わりに近いので 行って見ることにした。
行ってみてびっくりwobblysign01。ながーいながーい行列。virgotaurusleocapricornusgeminidogcathorsesnailchicktoiletwheelchairvirgo

sunendに近ければ 混むに決まっている。
中は taurustaurustaurustaurustaurustaurustaurustaurussnailsnailsnailsnailsnailsnailsnailで 無理。
サントリー美術館の 「ロートレック展」へ先にいってup enterと思った。

混んではいたが 思いのほかemptyて ゆっくりeyeglassことが出来てwinkでした。

真面目にsign03

ロートレックは南フランスの貴族の家系に生まれながらも 少年期に大腿骨骨折により 成長が止まり 幼い頃から得意だった絵に進んだという。 ダンスホールや劇場、娼婦など 世紀末モンマルトルの歓楽の世界やそこに暮らす人々の暮らしを描いている。Img120
そのデッサン力には驚かされた。
画集で見るのとは異なって(当たり前だが) 油彩の独特な色の出し方 厚紙に 新鮮な筆跡が 水彩やクレパスのように見えたりする。
類まれなるデッサン力によるものと言われているが 見る目の未熟なものでさえ その素晴らしさは感じられる。

ポスター・版画・デッサン など 目を近づけてみても 感心するばかり。独特な色使いで そこに暮らす娼婦達の心の中まで伝わってくる。 

帰りに 「黒い毛皮を着た女」(右) の絵葉書などのグッズを捜したが 一点もない。
版権の都合なのだろうか・・・?
画集・・をと思ったが 重いので諦めて パンフレットで我慢した。
 
再びenterで 新美術館「横山大観」 のつもりが ミッドタウンをうろうろしたら footfootが痛くて歩けなくなって caferestaurantで一休みして やっとの思いで帰ってきた。 

後遺症で 動けず sunsunで春の陽気だというのに pcにしがみついて 絵文字なるもので遊んでいるweep

確定申告にruncar行かなくてはならない というのに・・・・。

 

| | コメント (2)

2008年2月28日 (木)

会えたらいいね・・(192) 赤福

Dscn0168  お伊勢参りのお土産に 『赤福』 を戴いた。

昨年の10月に 製造年月日の偽装や消費期限切れ商品の再使用などで 営業停止を受け 4ヶ月ぶりに2月6日に再会したのだという。
発覚するまでは 冷解凍の有無や再包装したものを 日付のあとに 「・」や「-」で 偽装担当者がみわけられるようにしていたというから なかなかの商売だった。

三重や愛知県などへ 旅行や出張の観光土産として 駅などでも買えたので 名古屋駅で乗り換え時間に 「外郎」とともに定番のお土産で 好きな物のひとつだった。

Dscn0170それが そんな中身だったとはびっくりしたが よく考えてみると何処でもやっていることで    『白い恋人』 もそうだが 偶々有名だったので 問題化してしまっただけの事。

近くの和菓子屋さんのものは 表示がないから問題にはならないのだ。

『赤福』 は 『赤心慶福』 からつけた名前で 『赤心(真心)を尽くす事で 他者の幸福を素直に喜ぶということで 『赤福』のサブタイトルに 『真心を尽くしてまいります』 と書いてあるから余計に拙かった。

Dscn0171そうはいっても 久しぶりの赤福は 気のせいかいつもより美味しい気がした。
中箱に製造日が 包装紙にも製造日と消費期限が印字されているが 困った事に実質2日間しかないのだ。 
何泊かの旅で 先にお伊勢さんへ行ったら 帰って来ないうちに 期限切れになってしまう。
今のところ 本店・内宮前支店・五十鈴川店だけなので 帰りがけに駅で・・・、とはいかない。

どなたかにあげてもいいようにと 15分並んで買ったという2箱をいただいたが 賞味期限なら 味が落ちるのを承知でおすそ分けできるけれど 消費期限とあっては失礼になる。
売る側としては 生鮮食品だから責任を短くして 「後は知らないよ!」 と言っているような気がする。
 
それにしても 消費期限が迫っているので 慌てて食べなくてはいけない。(笑) 
甘いものはドクターストップで控えめ(?)だが 不本意ながら 二箱目も風子が戴く事にしよう。

| | コメント (2)

2008年2月26日 (火)

会えたらいいね・・(191) スポーツクラブ

001 スポーツクラブへ通い始めて 3ヶ月経った。
・・・・というと 「ダイエット?」 と直ぐに思われるが そんな浮いた話ではなく リハビリ目的なので 情けない話。

昨年11月に 「JOIFIT新所沢」がオープンし  自己流でやっているリハビリだけでは 一向に進歩しないので マシーンに頼ろうと腰をあげた。

ステロイドを使用しているので 骨粗しょうの予防薬を一年も前から処方していただいているのに 全く効果なく骨粗しょう症に突入してしまった。
転倒→骨折→入院→惚け のコースを辿るのは目に見えている。 
変形している関節を支える為には 退化した筋肉を強化しなくてはならないので 面白くないけれど 黙々と地道な努力するしかない。

子供より若いインストラクターに煽てられたり 出席でポイントがつきプレゼント(大したものではないが)もらえるので とりあえず通っているうちに だいぶ慣れてきた。

どうやら少 し貯筋Photoできたようで リハビリ医にほめられた。

セラバンド赤色(強度2)手は痛みがあって まだマシンは使えないので 担当医お薦めの セラバンド(スポーツ用具)・ ハンドエクササイザー(介護用品)を使って 朝晩頑張っているが かなり握力がついてきたようで 早く年齢相応の力まで行きたいと思っている。 

セラバンドもハンド・・も 色で強度が違っていて 健康な方でも鍛え方によっては 毎日の積み重ねで 美しいスタイル間違いなし。 
如何ですか? 

週2回を目標に通っているけれど 寒い時期は家でストーブつけてテレビを見ている事を考えたら 電気代節約のうえ かなりお得 「オープン価格 友人とペアで一人3980円」で(宣伝料は頂いていません) 飲み物と本でも持っていけば マッサージ機もあるのでリラックス出来る。 

ただひとつ悩みは お腹が空くので食欲が出て せっかく使ったカロリー以上に食べてしまい 体重が増えつつあること。 

インストラクターが言うには 「脂肪より筋肉のほうが重いので その所為ではないですか ・・・・?」 とのことでした。

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

会えたらいいね・・(190) シャンプー逝く

   Img_1665 2月18日 午後10時30分 シャンプー(猫)は旅立ってしまった。

獣医さんから 間もないことは聞いていたので覚悟はしていた。
その二日前からは どんな食べ物も拒否して 水を舐めるのがやっとで 流動食をスプーンで口元に持っていっても 顔を横に背けてしまい 高カロリーのゼリーを口元に付けても
舐めることもしなかった。

それでも 寝場所からよたよたとトイレに行き 一滴しか出ない跡にぺったりと這いつくばって動けなくなっていた。
あんなに布団の上や脱いだ服の上に おしっこをしまくっていたのに この場に及んで トイレまで行くのは何なのだろう?

その日は 朝起きたら 姿が見えなかった。
猫は 「死が近づくと姿を消す」 とよく聞くが どの部屋を隅まで探しても見当たらない。
もしや・・・? と思ったが 二階へ上ってみた。
日当たりのよい絨毯の上に ぺターンと動けなくなっているではないか!
水を飲むにも 後ろ足が立てないので 高さのないお皿に変えたくらいだから どうやって二階まで行ったのだろうか?
抱いて寝床に戻して あんかの上に寝かせた。もう水を飲む力もなかったようだ。
そういえば 最近は よたよたしながらも 寒いのにお風呂場やトイレまで見に行っていた。
家中を我が物顔に闊歩していたから 最後のお別れのあいさつ回りでもしてたのだろうか?Img_1663
夜になって 一時間ほど留守にして 帰ったら 倒れていた。
水を全く飲めなかったので 抱いてスプーンを舌にのせると 辛うじて飲んでいたようだったが 目も空ろになっていて もうこのまま早く眠らせてあげたかった。
「もう頑張らなくていいよ、 眠っていいよ、 まろちゃんとテリちゃん(犬)の処へ行っていいよ」 と言って気が付いた。
二匹の犬は シャンプーにとっては天敵で いつも逃げ回っていたのだから・・・。 

二時間ほどして 腕の中で息を引き取った。Img110_sh03
18歳 人間でいうと百歳近いらしい。
癌にならなかったら もう少し元気でいたと思う。 
触られる事が大嫌いで 一度も膝には乗らなかったのに 最後は風子の腕の中だった。 

麻呂ちゃんは(16歳)はハナミズキの根下 テリ(17歳)は侘び助の白い花が散る中に  今日 シャンプー(18歳)は3月半ばという暖かな陽だまりの元 辛夷の樹の横に寝かせた。 

風子は「輪廻転生」を信じている。 

其々が 樹の養分になって 花が咲き 散って 命が何時までも形を変えて引き継がれていく。

庭には 今 白い侘び助が紅い山茶花に重なって散り ハナミズキも今年は沢山の蕾をつけている。
辛夷だって やわらかな銀毛を輝かせて春を待っている。

その季節が来るたび 元気だった姿が花に変わって 生きているのだと思う。 

縁側に座って 辛夷の花の咲く庭をいつも眺めていたシャンプーが そこ見える。

  (シャンプーがいつも縁側に座って眺めていた辛夷の花)


 

| | コメント (2)

2008年2月17日 (日)

会えたらいいね・・(189) 東京マラソン

今日は東京マラソン。

去年の第一回大会の時は 何も空気の悪い東京のど真ん中で 交通規制をしてまでも行う必要が有るのかと 石原都知事の強引さに腹がたったが テレビで見ていると やっぱり引きずられてしまって イベントとして見ればそれなりに面白いので 今日もまた見てしまった。

風子は 子供の頃は身体が弱く 長期欠席で留年するところを 先生の配慮で免れたが スポーツは縁のないものと諦めて 自分では運動音痴と決めていた。

それが 急にスポーツに目覚めたのは35歳の頃。
バドミントンの試合を見て すっかり魅せられてしまったのだ。
銭谷欽治 栂野尾夫妻 西山 長谷川 土田、 女性郡は 徳田 米倉 北田 忘れてならないのは 湯木博恵(現 新沼謙二夫人)。

元来 運動不足で 両足アキレス腱断裂の手術の過去のあるものが サッカのフォワードに匹敵するというバドミントンなど 出来るはずはない。
まず 市主催の軽体操に週2回通うことから始めた。
そして 走ること。
野球場の土手を11周すると5kmになるので 一ヶ月で42.195km以上を目標に雨でも走った。
そして 一年後 やっとデビュー。

とにかく楽しかった。 週3回の練習はきつかったが アルバイトをやりくりして時間を作り ママさんバトミントンの試合に出まくった。 
思いのほか良い線で上達して あちこちの試合に出かけては 「出ると負け」が多かったが スポーツが駄目なのは当たり前なので めげる事はなかった。 
10年余り続けたが 当地に来てからはプレイする場所も見つからず辞めたけれど
 スポーツの楽しさを知ってからは ぼちぼち何かに 参加してきた。
Img114
団体競技は苦手なので マイペースのスポーツになってしまうが 13年ほど前 『かち歩き』 に参加した。
新宿中央公園から 青梅体育館まで43kmを 飲まず食わずで歩く。
お財布も 途中で買い食いできないように 紙袋に入れ封印されてしまうのだ。
へとへとになって河辺の体育館に着いて 配られたカルピスとパンの美味しかったことが今でも忘れられない。
3000人近く参加したが 完走者は1900人弱で(10時間過ぎると切られてしまう) 風子 は 956位 8時間4分だった。
Img116                                                      何も記録のない風子にとっては ひとつのモニュメントとなっている。

Img119_3自信がないので 人と競うことは苦手だが マイペースで楽しめるスポーツは大好きになった。 
今は 体調の都合で無理だが 歩く事が楽になってきているので 何が出来るかな・・? と楽しみにしている。  

東京マラソンもやっと終わった。  
走ることに其々の思いをこめて それなりの意義をもって参加しているのだと思う。  
見ているだけの者にとっては単なるイベントに過ぎないが その達成感は人生において心のモニュメントになることと思う。

年を取ると 昔の良かった時代を糧に生きているような場面もあって もう一度あの日のように歩けることは出来ないと解っていても 「夢よ再び」と 有り得ないいつかを 夢見たりしている。




 

| | コメント (2)

2008年2月13日 (水)

会えたらいいね・・(188) 誕生日

昨日は 何回目かの風子の誕生日だった。

この年になると 日々老化を感じるばかりで 改めて年齢を確認することは 嬉しいことではないが 祝ってもらうことは やっぱり嬉しい。
Dscn0142

それは プレゼントやご馳走を期待しているのではなく (それがあれば 尚うれしいが・・・)存在そのものが 段々と家族にもお世話になる時期に近づいて 実際は大きな顔をして威張っているものの 心の中では迷惑にならないようにと弱気になるばかりだから 祝って頂くことは 若い時とは違った嬉しさがある。

子供達も其々事情があって  豪華な花篭や品物 手作りのケーキ 小さな手に一本のチュウリップ 一生懸命描いてくれた鉛筆の絵・・・etc. 
沢山のローソクの並んだ ネーム入りのバースデーケーキ。
プレゼントは出世払いで・・・と間に合わないが 心のこもった「おめでとう!」の言葉。Dscn0145
この年になると 「気にしてくれている」 ということが 有り難く嬉しい。

風子には もうひとつ誕生日があって 実際には8ヶ月前に生まれている。
昭和 1□年 □月□日 □□歳で □には 同じ数字が入って パズルみたいで結構気に入っている。
鑑真和上の命日でもあり さて□にはいる数字はなんでしょう・・・??なんて 自分で年をばらしている。
Dscn0144 

何年か前に 早朝にメールが入り まだ寝ているのに何事かと開いてみると 「今日は俺の誕生日 生んでくれてありがとう」 という内容だった。
面倒なことの多い息子で 腹が立つことばかりだったが こんなことを考えていたのかと 口ばっかりで・・・、と思うものの 怒りも和らいだ。

誕生日は 祝ってもらうもの 祝ってあげるものとばかり思っていて 自分では親に対して 一度もそんな感謝の気持を伝えたことはなかった。
こうして 曲りなりにも元気で誕生日を祝ってもらえるのは 生みの親 そして育ての親が居てくれたからこそ。

それぞれの子供達が それぞれの思いで誕生日を祝ってくれ 今頃になって改めて両親に 感謝の気持ちを抱いている。

あと何回誕生日を元気で迎えられるかと思うと 不平不満たらたらの風子だが 思うことの多い誕生日となった。   

| | コメント (2)

2008年2月11日 (月)

会えたらいいね・・(187)介護

Dscn0135  昨年暮れに 猫のシャンプーの具合が悪く いつものやぶ医者(愛称)へ行って 一応汚れた身体を洗っていただいたり 抜歯したりしたが その時すでに腫瘍が出来ていて 今年に入ったら 一気に悪化して 首の付け根に瘤が出来てしまった。

お刺身だけは食べていたのに 顎が曲がってしまったので今はそれも上手に食べられず ペット屋さん回りをして あれこれ流動食に近いものを捜して食べさせてはいるが 口からみんなこぼれてしまう。

食べたい気持ちはあるらしいので それだけが頼りの綱なのだが プライドが高く触られる事が大嫌いなので 抱いて口に入れることも出来ない。

医者は 手術も出来ないので1・2ヶ月もてば・・・、と言うが 病院のスープも口に合わないらしく 匂いだけかいで 見向きもしDscn0140_2ない。

せめて一口だけでもと思い 風子が這いつくばって 祈る気持ちで口元へスプーンで運ぶ。
食べてくれると 涙が出てくる。

昨日は 出掛けに引き付けて硬直して目も一点を見たままで もう駄目かと心配したが 落ち着いたので 「出かけないで・・」 と訴えるような目を後に出かけた。
よたよたとはしているが ストーブの前で焦げてしまうのではないかと心配も他所に 熱くなってじーDscn0136_2っと座っている。

去年は一時あちこちに尿をして 布団を2枚も捨てたが 最近はぼちぼち歩いて きちんとトイレまで行く。
水を飲み 日に何度でもトイレに通い 一滴も出ないのにじーっと座っている。
ストーブを消すと 自分の寝床の電気行火に身を乗せて眠っている。

真っ白でふさふさしていた毛並みも急激に抜けて 地肌がピンクに透けて見える。
何を考えているのだろう。 
最近は 可愛い寝息も聞こえない。
痛いのか苦しいのか 早く楽に成りたいと思っているの か・・・。
じーっと訴えるような目で見られると 悲しくなってくDscn0141_2る。   

1.2ヶ月という やぶ医者の言葉が やっぱり「やぶ」で 外れて欲しい。 
桜の咲く頃まで もってくれれば また日向に座って外を眺めることも出来るのに・・・と 願っている。

| | コメント (2)

2008年2月 7日 (木)

会えたらいいね・・(186) 写真

急に捜したい写真があって 積んだままにしてあったものを見ているうちに 懐かしい記念写真が出てきた。

裏書に 「NHKこんにちわ奥さん 昭和43年8月5日放送出演記念」 と。

友人の母上から NHKの朝の「こんにちわ奥さん」 という番組に出てもらえませんか? という依頼に 再三お断りしたのだけれど 「今の若い方がそんな消極的でどうするんですか!」 と脅かされ 渋々 出演する羽目になってしまったのだ。Img112

友人が出ればよかったのに 彼女は独身で タイトルの 「奥さん」 ではないので
資格がないから 親しかった風子にお鉢が回ってきたと言うことなのだ。

テーマは 「冷凍食品」

今でこそ 冷凍食品は若いお母さん方は お弁当などに愛用しているようだが その頃は 冷蔵庫だって 冷凍室があるだけで 氷は作れるが買ってきた冷凍食品をその状態で維持することは難しかったし まして出来合いの物を食卓に並べることには 抵抗があって コロッケだって始めから自前で作っていた。

困ったのは 使ったことのないものについて 意見を述べなくてはならないのだ。
友人の母上に それを言うと 「欠点」 と 「長所」を伝授され 一応の答えや質問事項を頭に入れて スタジオに入った。

偶々 その日は生放送できなくて録画だったので 後にテレビで見たが 「コロッケがパンクしない方法は?」 など 経験したような質問をしたりして テレビの前で一人冷や汗をかいていた。
Img113_2 
司会者の鈴木健二さんもおつむのほうは あまり変わりなかったがまだ若く 五代利矢子さんも 物腰の柔らかな素敵な方だったと覚えている。
五代さんは 最近お見かけしないと思ったら 評論活動や政府の審議会委員をなさったり執筆活動にお忙しいようだ 

風子は若い頃から 10歳くらい上に見られていて 職場の後輩に 適齢期前なのに 「まだ結婚しないのですか?」 と言われたりしていたが 確かに 出演者の中で一番若かったのに 他の方と同年代に見える。 まるで子持ちのように・・・。

今になって ちょっと若く見られるようになったので 仇をとっているけれど・・。(笑い)

近々 高校時代の仲間が集まるので 当時お気に入りだった秘蔵の写真を持って行こうと セピア色の写真を探しているのに見つからないで こんな懐かしい出来事に 思いを馳せている。 

 

| | コメント (0)

2008年2月 5日 (火)

会えたらいいね・・(185) 雪

降り始めた雪が 昼頃にはかなり積もって 雨に変わるかと思っていたが再び降り始めた。
天気予報では6センチといっていたが ガレージの屋根は10センチには成っている。

こんな日は 家の中に篭っている手はない。
早速 重装備(?)で トレッキングと決めた。
・・・・といっても 近くのいつもの散歩道の雑木林。


Dscn0123

 

                                                      

雑木林の入り口 犬の足跡と 轍の跡が 

Dscn0124





 

 

    

ほうれんそうや小松菜を埋め尽くして 
Dscn0125  

  

風子の好きな お行儀よく並んだ木々も 霞んで

Dscn0132_3

柿木の植え込みの向こうの 2ヶ所のグランドは風子の歩いて来た足跡だけ。 

日曜日とあって さぞかし広場は 雪で大はしゃぎの親子が 雪だるまや雪合戦に興じているだろうと デジカメ片手に行ってみたが 犬の足跡ひとつなく しんしんと雪が降るばかり。
きっと 暖かな部屋で ゲームの方がいいのだろう。

帰り道 空き地ではしゃぐ声がし 髪を雪で白くしたパパと小さな子3人が駆け回っていた。
「元気な親子も居るんだ・・」 と思った瞬間 「おじーちゃーん」 の呼び声。
そうか! 雪で白くなったのではなく おじーちゃんだったのか、と可笑しくなった。

もしかしたら 若いパパ達は 雪遊びを知らないのかもしれない。
せっかくの雪なのに・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

会えたらいいね・・(184) パラレルとスパイラル

  常日頃 美容にはあまり関心がないので エステだの美容院にはお世話になることもないが それでもヘアースタイルには拘りがあって 万年ロングヘアーでいる。
 
かまととぶって若く見せているのではなく 美容院が嫌いなのと 美容院代で旅にでも行ったほうが良い という経済的理由もあるのでそうしているだけで 時々ウィンドウに映った我が身に怖いものを感じたりしている。

最近 若い仲間の集まりで ロングで素敵なスタイルの方がいて 「いいなあ、」と思っていた。
風子の時代はソバージュと言っていたが 40代の頃の写真には 結構似合って写っているので 久しぶりに派手なスタイルをしてみたくなった。

彼女に聞いたら 「スパイラル」 というそうで 勇気をだして いざ実行してみる事にした。

風 「パラレルにしたいのですが・・・・。」
美 「?????・・・・」
風 「昔のソバージュみたいな・・・」」
美 「スパイラルじゃないですか? 縦に螺旋状に巻くのですけど」
風 「そうそう! それですゥ」

彼女に聞いた時も パラレルと間違って覚えて 「スパイラル」と再度教えてもらったのに また間違えてしまった。

「パラレル」 はスキーの用語だった事を思い出した。
Photo_4
出来上がって うゥ・・??? 違う!! 
全く 地味ーなウエーブが 縦にすこーしあるだけで パーマ無しの以前と大して変化はない。 
家人もだれも気づかない。(いつものことだが)
誉め上手な着物やさんの店員さんも 気づかない。

スパイラルではなく やっぱり 「僅かなパラレル(平行・並列)なウェーブだけ」 になってしまった。

このおばさんには 派手なスパイラルは似合わないから 美容師さんが気を遣って大人し向きにしてくれたのだ・・・・、と善きに解釈することにしたけれど 時にはおばさんだって 似合わないと判っていても変身してみたいのだ。

久しぶりに大枚はたいて 美容に気を使ったのに・・・。





 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »