« 会えたらいいね・・(163) 歌舞伎 | トップページ | 会えたらいいね・・(165) 山本萌展 »

2007年11月29日 (木)

会えたらいいね・・(164)  展覧会

大原裕行 水彩展

Img100ギャラリーから案内を頂いていたのを思い出して 先日銀座まで見に行った。
3年ほど前にも 見ているけれど 不思議な色だと思っていた。
 
その頃は まだ風子は油彩を始めたばかりで 濁った色とか清んだ色と言われても 理解できず(今でも) まして グレイの魅力など解らなかった。
透明水彩というと 画用紙の白を如何に上手に残すかとか 色を重ねても濁らないよう描くと聞いていたので 大原氏の絵については よく解らなかったけれど 不思議な魅力を感じていた。

その後ある雑誌で 連続して大原氏が水彩の描き方を載せていたので こんな描き方もあると言う事は知っていた。

それは 何回も洗い(一度塗った絵の具を水で洗い落とす)を繰り返し 紙に薄く残った色に重ねて塗り また洗うそうで 何回も繰り返すので 紙が毛羽立ったりしている。
一度 または部分的に洗うことはあっても 毛羽立たないように するものだと思っていた。 
今回100号~150号が何点かあったけれど お風呂場で洗ったとかで まさか揉んで洗うわけでもないだろうし 広い浴室でないと とても 大きな物は持ち込めない。

何でもそうだが 画集だと 色の重なりがみえないので 透明水彩の場合 実物は特に色が見えて魅力がある。
Img101
風子は気に入った絵があると もう一度見たくなって通うことがよくあるけれど 今回もまた今日いってしまった。

「あのおばさん 買わないのに また来てる・・・・・」 と思われるのもいやなので 「すみません・・、また来てしまいましたー。」 と恐縮して 見せていただいた。
前回来た時 「売れたものは入れ替えています」  といっていたが 何点か気に入った絵が抜けていて 壁には アカぽちのついたタイトルの紙がずらーっと貼ってあった。 

油彩と比べると 普通水彩の方が 安いのだけれど かなり良いお値段なのに ずいぶんお金持ちのファンがいる方なのだなあ と思った。

外に看板があったから・・・・と、どやどやーっと おばさん3人組が入ってきて 言いたい放題批評して (褒めてはいたけれど) 「あまり上手にならないでくださいよ!」 といって さーっと引き上げていった。

確かに 所謂 それらしく整った絵だったら 面白みの無い絵になってしまうのだろうけれど 度胸のある褒め方だと びっくりした。

だから 銀座は面白い。 (写真は絵葉書から)

|

« 会えたらいいね・・(163) 歌舞伎 | トップページ | 会えたらいいね・・(165) 山本萌展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(163) 歌舞伎 | トップページ | 会えたらいいね・・(165) 山本萌展 »