« 会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE | トップページ | 会えたらいいね・・(135) タイシルク »

2007年9月 1日 (土)

会えたらいいね・・(134)  HU'S FAVORITE

Img_2038_2 年 夏の間に高原へ3泊くらいの一人旅に出る。
同じ宿に泊まって そこを拠点に 花を見たり 美術館を訪ねたり ぼんやりと鈍行列車に乗って 駅に降りたってみたりするのが楽しい。

この夏の始めには 何処にするか考えていた。黄葉が終わって葉の落ちたブナ林を見たいので探したら 磐梯横向温泉の周辺がブナに囲まれているというので 夏の間に下見に行っておこうと考えていた。

白神山地はあまりにも有名で人が多すぎると思い 裏磐梯は何回か行っているので 表にする心算でいたのに 花の水遣りと猫のおねしょ騒ぎで 家を空けられないうち 涼しくなってしまった。
 
夏が終わった高原も好いもので これから一人淋しく行くのもいいかな・・、とも考えているのだけれど どうなるか?

まだ デジカメなど持たない頃は 花を見るとスケッチしてきて 帰ってから名前を調べて覚えた。
初めて栂池でキヌガサソウに出会った時は もう種になっていた。
花を見たいと 翌年早い時期に もう一度同じ場所へ行ってみた。
真っ白な 先の尖った花びら(実際は苞)を何枚も合わせて咲いているキヌガサソウを見た時は 感激した。
足の痛いのも忘れて 這いつくばって描いた。

いつかこれを軸にしたいと思い 骨董市で買った何処かの国の手漉きの紙を 珈琲で染めた。お気に入りの「永田珈琲」の自家焙煎の豆を 濃く入れてたらし混んだが 色が薄く 仕方がないので インスタントを加えて やっと思う色が出た。
顔彩で描き 白は胡粉をしつこく塗った。

表装地は 骨董市で探した蚊帳のようなもの。少々汚れと疵があるものを わざと使った。
上部に 金の筋を入れたのは失敗だったけれど 風子にとって 思いのこもった一幅になっている。

もういちど この花に会いに行きたいが 何年も経つので そこには咲いてないかもしれない。Kinugasosou


 

(キヌガサソウ 華麗なる高山植物より)

|

« 会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE | トップページ | 会えたらいいね・・(135) タイシルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE | トップページ | 会えたらいいね・・(135) タイシルク »