« 会えたらいいね・・(128) シャンプー | トップページ | 会えたらいいね・・(130) 絵本 »

2007年8月20日 (月)

会えたらいいね・・(129) 夕顔

Img_2006  待っていた夕顔が やっと咲いた。
妖艶な香りを辺り一面に漂わせて。

いつもなら この時期は 花を見に高原へ一人旅にでているのに 今年は 猫が気がかりなのと 水遣りが心配で行きそこなってしまった。

だから 水遣りは朝夕欠かしたことはない。
それなのに 猛暑で 元気なのは 「花キリン」だけで花がみんな負けてしまって 葉が焼けてしまったり 蕾さえつけなくなってしまっている。

夕顔は びっくりするほど蕾をつけたのに 花びらが膨らみかかると 首からお辞儀をしてしまって 落下してしまっていた。
原因がわからなくて 強い陽射しの所為かと傘をさしてみたりしたが 効果無し。
日に何回も水遣りしても 直ぐに乾いてしまうので 浸透作用を利用して 水が切れないようにしてみた。

バケツに水をいれて そこから布で水を吸い上げて その先を鉢の土の中に埋めてみた。 時々覗いてみると 土は湿っている。
完全ではないけれど 咲き始めた。

やっぱり水が足りなかったのだ。
後で考えたら そんな面倒なことをしなくても 鉢を水を張った器の中に入れればよかったImg_1996訳で 手間をかけなくても良かったのだ。

そして 今日は 夜中になって 咲いた。

ところが デジカメを向けてみても 真っ暗で何にも見えない。
検討をつけて 適当にシャッターをきって見た。
花はもっと咲いているのに 写っているのは これだけ!

カメラ音痴なので どうしたら真っ暗でも被写体が見えるのか解らない。 まあ いいとしよう。

『朝顔に 釣瓶とられて もらい水 』 ではなく
 
『夕顔に 門扉とられて 回り道』  風子




     (夕顔は 干瓢を作るウリ科の名前で これはヨルガオが本名)

|

« 会えたらいいね・・(128) シャンプー | トップページ | 会えたらいいね・・(130) 絵本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(128) シャンプー | トップページ | 会えたらいいね・・(130) 絵本 »