« 会えたらいいね・・(129) 夕顔 | トップページ | 会えたらいいね・・(131) 日展100年展 »

2007年8月23日 (木)

会えたらいいね・・(130) 絵本

アンジュール

最近 絵本を見ることが多くなっている。
それは 視力が弱くなっているのと 本を読むという集中力の減退が そうさせているのかと思うけれど 絵本の魅力に惹かれていることが何よりの理由。
Img033
絵本は 子供のものと思い込んでいたのに 手にするたびに 心が動かされるものが多く く あれもこれも手元に置きたくなってしまう。

アンジュールには 文字がない。
あるのは ガブリエル・バンサンの強烈なモノクロの絵だけ。

何年か前 新宿の本屋で この本に出会った瞬間  あの混雑した店内でも 絵に見入ってしまった。

突然 車窓から投げ捨てられた一匹の犬。 疾走する車が どんどん小さくなって 追いかけていく犬の姿。 
Img034自分の言葉をさがしながら 何枚かのページを開いていくうちに いつのまにか 犬なのに 私になっている。

やがて ひとりぼっちの少年(だとおもう)と出会って あたたかな心になる。

 

  

 

他にも バンサンの描く絵本は 何冊かあって 其々 鉛筆、コンテ、・・・など 画材を変えて描いているようだが 本屋さんによっては 揃っていない。
見て買いたいので なかなか難しい。
青山のクレヨンハウスへ行けば 間違いなくあるのだけれど・・・。

参考までに 書評を・・・。Img035












今日一日は 気温が低めとかいうので 「日展100年展」 を見に行こうと 朝 痛み止めで体調を整えておいたのに 効果が出るころには 暑くなって出そびれてしまった。

また一日 棒に振ってしまったけれど ゆっくり絵本を見る時間が持てた。

|

« 会えたらいいね・・(129) 夕顔 | トップページ | 会えたらいいね・・(131) 日展100年展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(129) 夕顔 | トップページ | 会えたらいいね・・(131) 日展100年展 »