« 会えたらいいね・・(131) 日展100年展 | トップページ | 会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE »

2007年8月28日 (火)

会えたらいいね・・(132) HU'S FAVORITE

Img_2034_3   先日 日展100年展で 平福百穂の「七面鳥」の 見事なたらし込み技法にびっくりした。

10年以上も前になるが 青墨を初めて使った時 最初に書いたところが上になる事を知った。学校の授業では 濃墨しか使っていなかったので 墨の性格に気付いていなかった。

その頃 掛軸の創作に夢中で 本紙がなくては始まらないという必要にせまられて 自己流で 絵をかき始めた。 
夜中まで 部屋中を反故の紙の山にして あれこれ絵を描いてみたりしていたが 庭に咲く 梅花ウツギを何とか絵にしたくて 苦労してアレンジで誤魔化して出来上がったのが この絵。

それでも 自己流のたらし込みが 結構気に入って 作品展にも並べたりした。
今思うと恥ずかしいけれど 「知らない」 と言うことは いい気なもので 夢中になっていた。

出来はどうあろうと 気に入っている軸のひとつなっている。

絵を始めて何年か経ったけれど 梅花ウツギを 今描いたらどんな絵になるのだろうと思うが きっと理屈が先になって 描けないかもしれない。

Img_2036

|

« 会えたらいいね・・(131) 日展100年展 | トップページ | 会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(131) 日展100年展 | トップページ | 会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE »