« 会えたらいいね・・(132) HU'S FAVORITE | トップページ | 会えたらいいね・・(134)  HU'S FAVORITE »

2007年8月29日 (水)

会えたらいいね・・(133) HU'S FAVORITE

Img_2024 何日か前に 教育テレビで 正蔵が手話落語をやっていた。

手話はまだまだ・・・と言う感じだったけれど さすが表情も豊かで普通の落語より面白く 内容は十分伝わってきた。

風子も まだ健康だった頃 手話サークルに所属して 近隣3市にまたがって講習を受けたりで かなり頑張っていた。
地域で 派遣通訳を養成する計画があり いづれその一員になって ボランティアで活動出来たらと思っていたが 降ってきた持病で 指や手首が曲がらなくなったので 正確な表現が出来なくなって 辞めた。

その当時 聴こえない人は 風の音は聴くのではなく 見て感じるのだと気がついた。

それで 自己流のたらし込みで こんな絵を描いてみた。

どうしても 風を表現したくて 思いついたのが 草が揺れているさまを 透かして描こく事で 感じるのではないかと思った。

ところが、透ける布を探したが 紗とか絽は本来下着の白を透かして 涼を表現する目的だから 藍を透かせる白地はない。
しかも 古裂で探すから 余計にない。

思いついたのが蚊帳。
昔は お客様用には白い蚊帳を使った。 ブルーの裾模様もあるけれど 思う絵でなければならないので 敢えて無地を使ったImg_2027_2
裂に肌打ちするのに 薄美濃紙をつかうが それに絵を描いて 肌打ちをすれば うっすらと葉が映る。
刳り抜きではなく 柱(両横)を別に継ぐので 継ぐ分の絵合わせはかなり苦労した。
総裏は 普通は白の宇田紙を使うのだが そうすると蚊帳の目が浮かばない。
それで 手漉き和紙の 瓶のぞきくらいの薄い藍を 総裏に使った。

軸先は 陶芸をする友人に頼んで 何組も焼いていただいた中から 使わせて頂いた。

出来上がった時は 本当に嬉しかった。

ただ難点は 蚊帳は固いのと目が 粗いので 裏打ち紙との間にわずかでも空気が入ると そこから剥がれが起きると言う事だ。
始めから解っていたので 仕舞う時 カーブが緩やかになるように 太い筒を創って(太巻きという)巻いたが やはり時が経つと 剥がれが出てしまっていた。

腕が良ければ こんな事は防げるのだろうが まだまだの技術なので仕方がない。 

もう 創れる手ではないので 諦めてはいるが 当時を振り返ると懐かしい。

|

« 会えたらいいね・・(132) HU'S FAVORITE | トップページ | 会えたらいいね・・(134)  HU'S FAVORITE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(132) HU'S FAVORITE | トップページ | 会えたらいいね・・(134)  HU'S FAVORITE »