« 会えたらいいね・・(94) 尋常浅間学校 閉校式 | トップページ | 会えたらいいね・・(96) 父の誕生日 »

2007年5月 8日 (火)

会えたらいいね・・(95) 尋常浅間学校 閉校式

Img007 《生前葬 次第》

私は死んだ
ー私とともに日本の民主主義は死んだ。
平和も平等も死んだ。
ーそして 世界は静かになった?
 (辛淑玉「辞世の句」?)


● 尋常葬儀社による本日の葬儀ご案内
  (オオタスセリ)

    1、ご遺体が歩いて入場
    導師 無着成恭
    楽師 小室等さん奏でる(冬のソナタ)Img_1777_1
    中 白のドレスのご遺体に 
    泣き女が「アイゴー、アイゴー」 
    と泣き崩れながら 随行。
    ・・・たくさん泣いたほうが 哀悼
    の意を表すらしい。
    泣き女や泣き男を雇う事 
    もあるという。Img_1785Img_1779
  2、葬儀委員長挨拶 : 永六輔
    体調があまり芳しくないご様子。
    奥さまの「まさこさま」が
    なくなられて 五年目。
    男は 妻に亡くなられて 
    五年目が危ないとかで 
    参列者から ご忠告を頂く。
     逆の場合は20年生存の由。
  3、ご遺体が語る : 辛淑玉
    「私の鬼哭収拾?」
    本人が語る自分の人生の収拾方法」
    ・・ バックに幼い頃からの写真や 
    若い頃(今より)の美し水着姿は 
    モデルさん?と見まがうばかり。
    ごく最近の「過激なお言葉」しか知らないImg_1780
    ので いつ頃からこのように?
    と思ったら やっぱ素質はあった
    らしい。
    在日韓国人として 生きて来た
    人生には 凄まじいものがあって
    強くなってしまったようだ。 
    のほほーんと生きてきた
    自分の勉強不足に反省。
  4、解剖所見 : 鎌田實
    (全人的に解剖。 
    医学的所見を述べる)
    胸部 腹部 下肢と ユーモア
    たっぷりに 詳細な数字を入れての所見。
    鎌田先生が こんなに面白い方だと
    初めて知った。
  5、読経 : 永六輔(浄土真宗)・無着成恭
    (曹洞宗)・高橋卓志 神宮寺住職 (皆の宗Img_1784_sh01
  6、引導 : 無着成恭
    払子は3回に省略
    理由 五戒(十戒) ①不殺生②不倫盗③不邪淫
    ④不貪欲⑤不邪見 のうち
    ③の淫らな性関係をもたない と④の飲酒 飽食 etc
            を除く。 酒と女(男)は 二合(号) までと
     
いつもの脱線。危ない危ない『イエローカード』
  7、弔辞 : 筑紫哲也・佐高信
    佐高信さんは ご遺体の生前の生き様を良くご存知で
    前夫との 馴れ初めから話すので 辛さんが途中で
    ムッとして 「そこまで話してしまうの?」 と言う
    雰囲気に 「ここまで」で終った。
    筑紫さんは いつもの穏やかな笑顔で 「将来 辛さんと
    「漫才をしたかった」 などと言うから大笑い。
    もちろん 突っ込みは・・・???
  8、弔電披露 : 川田龍平Img_1786
  9、会葬者お焼香 楽師演奏
 10、 辛淑玉は 
    迷惑な「千の強風になった」
    楽師たちによる 追悼コンサート
    小室等・佐久間順平・李政美・
    趙博 他
 11、精進落とし:橋本憲一
    (梁山泊主人)
    コンロに醤油をたらし 
    火をつけて香りのみ。
    あとは ジョークと駄洒落の料理。
 12、葬儀委員長 「会葬者へのお礼および
    本人の 「再生宣言」と「辞世への抱負」
    は
    Img_1787_1 今まで以上の 強烈な嵐となりそう。
 13、出棺 
    納棺され神宮寺さんのスタッフに運ばれて
    花道?を 退場。

    
     会葬者御礼の品は 人生消したいところは
     これで消してくださいと 『消しゴム』

     これにて 生前葬は 幕引きとなった。

     明日は 職員会議。
     
     さて 本当に 閉校になってしまうのかと思うと
     100回目から 遡って参加したかったなーと
     残念に思いながら 宿へ戻った。
    
    
     

|

« 会えたらいいね・・(94) 尋常浅間学校 閉校式 | トップページ | 会えたらいいね・・(96) 父の誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(94) 尋常浅間学校 閉校式 | トップページ | 会えたらいいね・・(96) 父の誕生日 »