« 会えたらいいね・・(82) 桜 | トップページ | 会えたらいいね・・(84) 花自慢 »

2007年4月 5日 (木)

会えたらいいね・・(83) 絵画の今

200704051756000  楽しみにしていた 「絵画の今」 という展覧会が 入間市博物館「アリット」 で始まった。
この地区近辺の 絵描きさん達が出品されていて もちろん わが師「加藤栄吾先生」も出されているので アトリエの仲間達と出かけた。
会場には いつもながらのにこやかな笑顔で小島喜八郎先生もいらしていた。

加藤先生の200号を越す2枚の絵は 毎週アトリエへ伺うたびに進行具合を見ているので 最後のほんの少しだけ変わっているだけだったけれど 会場が変わるとこんなにも違うのかと思ってしまった。もちろん絵が変わる事はないのだが アトリエでは自然の光が入るようになっているので 会場でライトに照らされると 微妙な色が違って見えてしまう。
それにしても 品のある美しい絵だと いつも思う。
 
「絵画の今」 と言うテーマのように 今は抽象が中心をなしてい200704051752000るようで 毎年見るたびに 素人の私には解らない絵が多くなっているけれど 重厚な絵や 解らなくても心が引き込まれるような美しい色を見ていると さすが「プロ」 と感心するものがある。

ある絵のまえで マチエールと微妙な色について 4人で話していたら 描かれた画家の「斉藤典久さん」 がちょうどいらして 詳しく説明してくださった。
ふつうなら 話しても解らないだろうと煩く思われても仕方がないのに 手の内を披露してくださって 有り難いことだと 出来ないながらも勉強させていただいた。

友人と別れて ひとり稲荷山公園の桜を見に寄った。
夕暮れ時で 帰り仕度が始まっている中を ライトアップといっても提灯と小さなライトなので 写るかと心配しながら携帯で写真に収めた。 
なんとか写っていたので 夜桜見物とは行かないけれど 写真の桜で良い気分になって 盃片手に ブログを書いている。

こんな日は ほんとうに好い加減で 手の痛みも何処かへ行ってしまっているのだから 不思議だ。

 




 

|

« 会えたらいいね・・(82) 桜 | トップページ | 会えたらいいね・・(84) 花自慢 »

コメント

小島喜八郎先生をご存知でしたか。
「アリット」へは行くつもりでしたが、アレット気がついたら、会期を過ぎていました。
稲荷山は電車の窓からのお花見になりました。

投稿: 森男 | 2007年4月18日 (水) 20時19分

小島先生は 風子が勝手に存じ上げているだけ。お会いしてちょっとお話交わす程度。そもそも森男さまのブログに飛び込んだのは 小島先生と条件が似てらっしゃるので(森にお住いとか?)もしかして・・・?と。その時 森男さまからは 「人違いです」とコメントいただいてしまったんですよ。
不思議なご縁。 森男さまが 先生とお知り合いだったなんて・・・。
風子とも どこかでお会いしているかもしれませんね!アレット思ったりしてー。

投稿: 風子 | 2007年4月18日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(82) 桜 | トップページ | 会えたらいいね・・(84) 花自慢 »