« 会えたらいいね・・(89) ピンクダイヤモンド | トップページ | 会えたらいいね・・(91)  ミョウガ »

2007年4月28日 (土)

会えたらいいね・・(90) HU'S FAVORITE

Img_1553 掛け軸

今は 油彩など描いているけれど 少し前までは 掛け軸を創っていた。
これも 軸を創る目的で始めたのではなく 時々載せている「母への手紙」 が溜まってしまったので 裏打ちでもして綴じておこうかと 軽い気持ちで始めた。

初日に「本紙」を持ってくるように言われて 本紙がなんだか解らず 掛け軸の真ん中にくるものだというので とりあえずそれで始めたけれど
 それからは お坊さんにお願いして 墨で描いていただき創っていた。
墨は色がないので そのうち自分で下手な絵を描くようになった。

本表装の伝統表具から入ったけれど  裂や創り方も本紙に見合ったいろいろな形式があって 創作表具の方が自由にできるので 裂も古裂を使ったりして 9年続けてきた。
しるし は目打ちでし 穴の半分に定規を合わせて切るなどの細かい作業と 糊を溶いたり 刷毛でおく作業が この病気になってから 思うようにできなくなって 3年前の個展(書の方との)を最後に辞めた。

その時の作品のひとつで 幅15センチ丈75センチの 小さな軸だけれど気に入っている。 全く興味の無い息子が これだけは 「お袋が死んだら俺がもらう」 と言っている。

天地の 紅絹はそうとう古く これだけの色に褪色しているものは 骨董市で探しても出てこない。 中廻しは 盛岡まで行って見つけてきたもので どうも袈裟だったようだ。銀糸がところどころ剥げていて やっとこれだけ取れた。

もう創れないと判っていても 裂を見ると 「手が使えるようになったら・・・」 と買ってしまう。ボロ布だけれど 私にとっては 「お宝」 で ボロ布さまのために 桐タンスなど奮発して 自分の着物は 安い紙の箱に納まっているのだから 笑えない。

    ちなみに 本紙は (56)HU'S FAVORITE のお地蔵様がモデル。






 

|

« 会えたらいいね・・(89) ピンクダイヤモンド | トップページ | 会えたらいいね・・(91)  ミョウガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会えたらいいね・・(89) ピンクダイヤモンド | トップページ | 会えたらいいね・・(91)  ミョウガ »